カートリッジを換えてみた〜配線ごっこは俺の趣味

レコード針を交換するついでに思い切ってカートリッジを新調しました
今まではオルトフォンのNight Clubシリーズを使用していてその繊細
な音も捨て難かったのですが もう少し腰があり派手に鳴ってくれる
シュアのDJ定番M44に変更して気分転換をしてみたのです

まだ残暑が残るなかさっそく配線〜組み立てをしました CD世代いや
i-pod世代にとっては 暑い中ドライバーを手にしながらこんな作業に
没頭するオジサンの姿はたぶん理解出来ないことでしょう(笑) 
何でも最近の若者は レコード針とカートリッジとシェルの違いも知らない
とか(仕方ないか、、、)

ただコロンブスの卵的にクラブDJたちがデジタルとアナログの立ち位置
を逆転してくれたお陰で オーディオメーカーが延命出来たという側面は
見逃せません テクニクスSL1200といったDJ世代を代表するターンテー
ブルはロングセラー商品としてその位置を不動のものにしていますし
針やカートリッジもスクラッチプレイに対応出来る屈強な商品が主流に
なっていて こんなところにもDJ文化の定着を感じることが出来ます

さて組み立てが終わり アームとシェルを繋ぎます 何年経っても針や
カートリッジを交換して最初に音を出す瞬間にはわくわくさせられますが
予想通り元気一杯のシェア サウンドが飛び出してきました! う〜ん、
新鮮だなあ(笑) 針自体が新しく十全に音を拾っているという面もあると
思いますが やはりリズム隊が際立つようなサウンドは実にオビン好みです
お上品なクラシックやスタンダードジャズがお好きなお嬢さんには間違って
もお薦め出来ないような獰猛な音が荒れ狂いウネリまくります(笑)

自分はオーディオマニアではなく あくまで音楽ソフトを聞く事を主眼と
してきました そういう人は私以外にもきっと多いことでしょう でも少しの
工夫で より良い音の環境は案外整ったりするのです もっとも私は針を換え
たのが実に2年半ぶりというていたらくなのですが、、、

自分はレコード(シングル盤とLP)で育ってきたど真ん中の世代です
今後も”いい音”をめぐる論議は絶えないでしょうが アナログの音が
今も体に染み付いていますから  音楽配信の痩せた音などまったく興味が
持てません また音や音楽に限らず世間の流行とは無縁のおっさんなので
晴耕雨読のような もしくはつげ義春「無能の人」のような生き方に
果てしなく憧れます  

e0199046_16413668.jpg


上が今回購入したシェアM44 真ん中がモノラル再生専用のオルトフォン針を
テクニクスのシェルに装着してみたオリジナル商品(笑)下がオルトフォン/コンコー
ドのナイトクラブシリーズ それぞれが個性豊かな”音の入り口”を務めます

e0199046_17182598.jpg


ローラ ニーロも憧れたオリジナルズ
ノーザン ソウルの香気を伝える69年の名作がこれ
ローラがカヴァーした「The Bells」は同盤には
未収録だが 以前シングル盤を見つけたときは感動したなあ

e0199046_2313078.jpg


フィラデルフィアのシグマスタジオで録音されたローラ73年の
アルバムは彼女が親しんできたドゥーワップやR&Bをカヴァーした
愛すべき作品集  マーサ&ザ ヴァンデラズ、スモーキーロビンソン&
ミラクルズ、ロイヤレッツなどに混ざって オリジナルズの名曲「the
Bells」も吹き込まれた 
なおサインは94年2月の再来日時に渋谷で
花は先日miu-miuさんから頂いたもの
[PR]

by obinborn | 2010-09-22 17:04 | one day i walk | Comments(0)  

<< まるで語り部のように〜マイケル...  20日のプレイリストです >>