秋の夜長はジュニア・パーカーで〜いいことばかりじゃありゃしねえ

 あの偉大なるブルーズマン、ジュニア・パーカーのLPをレコード棚から
引っぱり出してきました                                                                                                                                                                                72年に発売されたこの作品はオルガンジャズの名手ジミーマグリフと共演した意欲作です
パーカーならではの艶のあるヴォーカルが うねりまくるハモンドオルガンと合体して
一粒で二度美味しいグリコのキャラメル(古い〜笑)のような仕上がりになっています
粘り腰のファンクナンバーもあれば 7th系のお洒落なコードをまぶした芳香溢れる
ブルーズバラードありで まさに第一級のアーバン ブルーズと言えるでしょう

e0199046_188469.jpg


ダグサームが制作に関わったマーキュリー時代(68~69年)を経てパーカーは
やがて Groove Marchantレーベルに移籍 そこで作られたのがこの名作なのです
パーカーといえばどうしてもデューク時代(54~66年)ばかりが語られがちですが
私もどの時代のパーカーも大好きです ねえ、エル・テッチさん(私のほうこそいい
刺激を受けています)

このアルバムでは選曲も面白くファッツ ドミノの「Aint That A Shame」(チープ
トリックでこの曲を知った人も多いでしょう)やジョニーアダムズの名唱で知られる
ドクタージョンの「A Loosing Battle」などニューオーリンズR&Bへのアプローチが
あるかと思えばポールマッカートニーの「Oh, Darling!」(元々R&B色が強いです)
やジョージ ハリソンの「The Inner Light」(渋い!)などビートルズ ナンバーもあり
ますが どれも濃密なブルーズに染め上げていくのがパーカーの実力でしょう
いやあ 秋の夜長にぴったりのディープな魅力でいっぱいです

e0199046_18215528.jpg


ところで"Good Things Don't Happen Every Day"というアルバム表題も
まさにブルーズですね 「いいことばかりじゃありゃしねえ」位のくだけた訳がいいか
もしれません(笑)
オビンの毎日も体重同様に一進一退ですが泣きつつ笑うというのがブルーズの本懐
ここはひとつ明るくいきましょう

「おいおいライナー2本溜まってるんだろ ウダウダ言っていないで原稿を書きなさい」
との声がどこからか聞こえてきましたが
まあまあ旦那、お手柔らかに(笑)
原稿のまえにウォーキングを今日はもう一回
その結果 本日は24,909歩と相成りました
[PR]

by obinborn | 2010-10-04 19:00 | one day i walk | Comments(6)  

Commented by エル・テッチ at 2010-10-04 23:31 x
 紹介されているアルバムは、存在そのものを知りませんでした。
 Johnny Adams好きでもある私としては、Parker版Losing Battleは、ぜひ聴いてみたいです。
 それがかなわない私は、今、Carnival Timeという、ラウンダーから88年に出されたニューオリンズR&Bのコンピに収録されている、Johnny Adamsの59年版I Won't Cryと、61年版A Losing Battleを聴いているところです。
Commented by obinborn at 2010-10-04 23:47
Johnny Adams、良いですなあ〜 アリオラレーベルから出た”After〜”
なんかも私は好きなアルバムです 59年録音のほうの「I Won't Cry」も
素晴らしい出来ですね そして”Carnival Time "(88年)は私が本格的に
ニューオーリンズR&Bにのめり込んでいった頃の忘れられないコンピ
確か”We Got A Party "という姉妹編も発売されてましたね あとで
レコード棚から引っ張り出してみようと思います(ますます原稿から遠ざか
る私〜笑)
Commented by エル・テッチ at 2010-10-05 18:13 x
 「After~」というのは、「After All the Good Is Gone」のことですね。
 私は持っていませんので、またまた羨望の嵐です。
 ただ、多分、Shoutから07年に出た2枚組CD、「Chasing Rainbows…」にそのほとんどが収録されているんではないか、と推察して、自分を落ち着かせています。
Commented by obinborn at 2010-10-05 19:27
そのアルバムです エル.・テッチさん(笑)
今これからその大切なLPをアップしたいと思います
いやあ ジョニーアダムズも美しい人ですなあ
Commented by 隅田川やすし at 2010-10-07 11:28 x
このアルバム、今日レコ屋にありましたよ。
Commented by obinborn at 2010-10-07 11:39
迷わず買いましょう(笑)
ちなみに私が購入したのはロンドンのソーホー街のレコ店 7,99pounds
とラッキーでした

<< ジュニア・パーカー再び〜私のブ... 虹のような人、佐野元春へ >>