体重とジーンズそしてジェフ&エイモス

そもそもぼくがウォーキングと食生活の改善を始めたのは
ライヴ会場などで誰かと会うたびに「小尾さん、太りましたね」と言われて
それがいい加減にうざったく感じたことも一因でした
けっこう傷付いていたんですよ(笑)

その人に悪気はなくとも 自分の容姿をあれこれ言われるのは気持ちが
いいものではありません よくお笑いタレントがその手のギャグを
使いますが あまり褒められたものではないでしょう ネタにするのが自分の
身体についてなら自虐的なユーモアを感じますが 他人の身体的特徴ばか
りをあげつらう人は やはり品がないと受け取られても仕方ありませんね

持ち前の反骨精神(中村とうようさんからの影響大です)をもって「ようし、
今に見ていろ!」と思いながら減量に取り組んだ結果が 現在の8キロ減
です 医者も看護婦も「こんなケースは珍しい!」と一定の評価をしてくれま
したが きっかけを作ったのが「太ったねえ」と言った人たちなのですから
その人たちに感謝しなければいけないのかもしれません(笑) もともと
ぼくは思い込みの激しいタイプですから 一度始めたら止まりません

e0199046_138452.jpg


ところで秋になって本格的にジーパンを履く機会が増えたのですが 以前は
履くのがキツかった昔のジーパンを難なく履けるようになったことも嬉しいですね
カミさんから「もう捨てたら」と冷たい視線で言われたこともありますが とっておいて
本当に良かったです ちなみにかつてはリーバイスを愛用していたのですがgapの
ジーンズのフィット感が実に良く 近年はもっぱらgapを購入しています そうそう
うちのカミさんも会ったことがある人なら解ると思いますが 驚異的な体型を維持し
ています 最近は何でも高校生のときの体重に近ずいたとか(笑)

e0199046_13225947.jpg


こんなヨタ話を何故書いているかと言うと 今日は朝から今晩のジェフ&エイモス公演
のことに心奪われてしまい 原稿書きの仕事がまったくはかどらないからです
ライヴの内容のだいたいの手のうちは解るような気もするのですが やはりこの二人
ならではのマジックというのは必ずや生まれそう  ダニー・コーチマーのオブリ
を聞き逃さなかったように エイモスに関してもエンディング間際にとんでもないフレー
ズを何気に挟んでくるなんてことは多々あるでしょう

79年の二度目の来日公演を収録した名盤『ライヴ イン ジャパン』(行っていない!)
にはぼくも相当影響され 以降自分の音楽観を形成していくものでもあったのですが
あれから30年 再びこのコンビのライヴが観れるなんて!
あと数時間でその瞬間がやってきます 原稿が手に付くはずもないですね

そして会場では今度は「痩せたね」と言われる番です(笑)

e0199046_1445137.jpg


これはエイモスがダグ サームのフォーマリーブラザーズで来日した90年に
青山CAYで貰ったサインです 07年には下北沢の飲み屋でインタヴューも行うこ
とが出来ました エイモスの手はとても大きかったです
[PR]

by obinborn | 2010-10-08 13:55 | one day i walk | Comments(2)  

Commented by ミック at 2010-10-08 17:45 x
ジェフ&エイモス、やっぱり良かったよ。
渋谷クアトロでしたっけ?
楽しんで来てください。
Commented by obinborn at 2010-10-09 16:12
いやあ、ミックさん めちゃくちゃ良かったです 九州での演奏も良かったみたいですね
久しぶりに馬鹿飲みをしてしまい自営業には天敵?のタクシーに乗ってしま
いました(笑)

<< 邂逅と祝祭のこと〜ジェフ・マル... how sweet it is >>