2010年10月11日〜若者は防弾チョッキを着ていると思いがちだ

「スパニッシュ ハーレム」という歌があるだろ? 
”アスファルトの裂け目にも薔薇は咲く、、、”といったリリックは
人生は常に生まれ変わっているという意味だよ
若者たちは自分は傷付けられない 防弾チョッキを着ていると
思いがちだ それが若さであり彼らは持てるだけのエネルギー
を試す でもお金はそれほどないし当然権力も持っていない

人間というのは恐ろしくお金を持っていなければ
裕福ではないとか
大勢の人間に影響を及ぼさなければ権力を持っていない
んじゃないかと思いがちだ そうだろ?

しかし実際にはいろいろな形をした豊かさがあり 
さまざまなことに思いを与えていくような権力があるんだ
本当の豊かさや真の権力を持つことが出来たら 
どんなに素敵なことだろう

どこかにパラダイスを探し求めていくのではなく
今 この場所を楽園にしていきたい
そう考えるべきなんだ

ジャクソン・ブラウン
(拙者による取材時に:1994年4月 通訳:丸山京子)

e0199046_19521792.jpg

[PR]

by obinborn | 2010-10-11 19:58 | rock'n roll | Comments(0)  

<< 動き始めていく言葉たち 導かれ... 京浜ロックで東京ローカル・ホン... >>