澄んだ水を求めて〜ジョン・レノンとニルソンのこと

カッコイイことがロックだと思っていた
少なくとも若いときは ずっとそう思っていた
見渡していく風景に何の曇りもなかった

でも大人になるにつれて
毎日がかっこいいことばかりではないことを
次第に知るようになった

ときにみっともなさを引き受けながら
ときに壊れたメガネを直しながら
ときにテーブルの下でうずくまりながら

「カッコイイばかりが人生じゃないぜよ」と
教えてくれたのは 最もカッコイイはずの
ジョン レノンだった

そして彼の飲み仲間のニルソンだった
若葉の季節に輝いていた声を失った彼は
やがて自虐的なロックをジョンとともに繰り広げていった

e0199046_9551946.jpg


夏の暑い日に枯れ草のなかをぼくは歩く
そこに埋もれてなまけていた男がいた
ぼくはこう言った
「ねえ、魔法で恵みの雨を降らせてくれよ、rainmakerさん」

すると彼は言った
「うん、水があればね 澄んだ清い水があればね!」

(ジョン レノン&ハリー ニルソン「オ−ルド ダート ロード」)

e0199046_10145285.jpg

[PR]

by obinborn | 2010-10-17 10:08 | rock'n roll | Comments(2)  

Commented by Almost Prayed at 2010-10-17 21:07 x
「あいすみませ~ん、ヨーコさ~ん」(“Aisumasen”)なんて歌うのを初めて耳にしたときには、この人どうしちゃったんだろう? と思わずにはいられませんでしたが(笑)、ジョン・レノンはそういうだらしなさとかみっともなさをも自身の作品において率直に出していった人でしたよね。「全てが私小説のようなもの」と彼の作品を評した人がいましたが、その通りですね(笑)。

現在では「愛と平和の人」、場合によっては聖人君主みたいな扱いをもされているジョン・レノンですが、もし彼が生きていたら、こういう状況をどう思うでしょうね。手放しで喜ぶか、それとも虚像として激しく嫌悪するか。自分が聴き手としてできることは、そういう「偶像崇拝」には与せずに、虚心坦懐に彼の作品を聴いていくことですね。
Commented by obinborn at 2010-10-17 21:18
ときにはセイウチになりながら またときには苺畑に迷い込みながら
この人はすごく自分に正直な人でした
ジョンがもう一度やんちゃなロックンロールを歌う姿を見たかった


<< 月夜を往け 10月16日〜夜の部 >>