FOR WHAT IT'S WORTH 〜価値あるもののために

現在の中国での反日デモに関して
「どうしてそんなことを言われるのかわからない」というのが
ほとんどの日本人の偽らざる感想ではないだろうか

中国の作家、韓寒さんは同胞たちに問い質す

「土地を持たない者(註1)が他人のために土地を争い
尊厳の与えられていない者が他人の尊厳を守ろうとする
そんな安っぽい人間でいいのか」 と

そこにあるのは政治的な思惑には踊らされまい 政治と
取り引きしないことで自覚していこう(註2)とする明晰で
とても強い個人的な意志だ

作家はいつも時代の先端へと立ち”個的に” (註3)発言する
たとえ石を投げられたとしても

e0199046_205550100.jpg


(註1)中国では土地の私有が認められていないことを踏まえて
の発言です

(註2) すべての人を短い時間騙すことは出来る
少しの人をずっと騙すことも出来る 
しかしすべての人をずっと騙すことなど出来ない
(リンカーンのスピーチより)

(註3)人間には自由を希求する一面と束縛されたほうが楽だと
考えるベクトルが表裏一体となっているという性がある
その最たる悲劇がナチズムでありオウムのような絶対帰依だろう
[PR]

by obinborn | 2010-10-18 20:58 | rock'n roll | Comments(0)  

<< 角野恵津子さんの死を悼む 21世紀の赤盤と青盤へ >>