ルイ・ルイはロックンロールの言葉

みなさんはなかなか終わらないロックンロール曲というものを知っている
と思います
バディ ホリー「ノット フェイド アウェイ」、アイズレーズ「ツイスト&シャウト」
リッチーバレンス「ラ バンバ」などがその代表例として挙げられますし
ライヴ終盤を盛り上げるためにグレイトフル デッドやジェイムズ テイラー
がホリーの「ノット フェイド アウェイ」を演奏する姿はすっかりおなじみですね

一定の循環コードで起承転結を作っていくのがポップ音楽の不文律では
ありますが その”承”の部分を極端に強調したのが上記の曲なのです
従って”結”がありませんので
演奏は果てしなくただただ反復していくのみなのです
着地点は見つかりません(笑)

そうした楽曲の最たるものがリチャード ベリー作の「ルイ ルイ」かもしれません
コードは3つどころか たった2つなのですが
これが反復していくことで何とも得難いグルーヴを生み出していくのです

そんな「ルイ ルイ」という楽曲に焦点を当てたのが次のアルバムです
何と「ルイ ルイ」を演奏した人たちを ブラス バンドからガレージ パンクまで
収めた究極のコンピレーションなのです

e0199046_20501427.jpg


オリジナル ヒットとなるキングズメンの「ルイ ルイ」からベリーの作者版までを
網羅 オビンの親戚となるロッキン ロビンのヴァージョンもしっかりと収録してい
ます ガレージパンクの愛好家にはソニックスの「ルイ ルイ」は最高にロックする
プレゼントでしょう!  編纂はむろんライノ レコーズ  83年の発売でした

e0199046_2058315.jpg


調子に乗ったライノ レコーズは89年に『ルイ ルイ第二集』を発売します
こちらもラテンのモンゴ サンタマリアから英国ロックのキンクス版「ルイ ルイ」まで
楽しめる好企画でした  そうそうアイク&ティナ ターナーのそれもこちらに
収録されています

もともとぼくはどんなにきれいなメロディでも
それがリズムを伴うことなくベタ〜っと張り付いているタイプの音楽は好きではない
んですね
ありきたりの結論ですが やはりリズムこそはポピュラー音楽、ロックンロールの
生命線でしょう

そんなぼくの音楽嗜好の最も最初に影響を及ぼしたのが まさに「ルイ ルイ」という
ユーモラスなロックンロール ナンバーなのでした
しかしこんなコンピレーションを編纂する当時のライノには まだアマチュアの匂いが
ありましたなあ(しみじみ)

こんなLPを出すライノも好事家なら 買うオビンも単なる変態ですな(笑)
[PR]

by obinborn | 2010-10-22 21:21 | rock'n roll | Comments(0)  

<< shadow dream song walkin' in ... >>