Late Great Sir.Doug〜ダグ・サーム11回忌

今日はマイ マン、ダグ サームの命日です
早いものです もうあれから11年の歳月が流れていったのです
いつも隣でへらへらと笑っているような人の急逝は
その不在があとになってから染みてきます
私にとってダグがそんな人でした

とにかく体じゅうが音楽だらけ
学習とか理屈で音楽する人はゴマンといますし そういうアプローチ
もいいと思います
でもダグの場合は もう天然というかナチュラル ボーン ジーニアス
なんですね  
借り物ではない強さが彼の音楽には脈打っています
音楽に一切の嘘がない そんな人でした

Late Great Sir.Doug!
Catch The Man On The Rise!

e0199046_17234515.jpg


「Just A Moment」など50〜60年代のハーレム録音をコンパイルした
シングル集(80年リリース) 若き日のダグは早くも才能の片鱗を伺わせ
ている

ここのページをご覧になられているような方は
ダグのレコードを必死で探して来たような人も多いと思います
今日は奇しくもヴォジョレ ヌーボの日なので
みなさんダグに乾杯しましょう!
Keep Your Soul !

e0199046_17295140.jpg


オーギー マイヤーズ(kbd)らとクィンテットを組んでからの4作目は
69年12月発売  サンフランシスコのロードハウスで圧倒的な実力
を見せていた頃の名作は「Nuevo Laredo」で幕を開ける



この投稿者は65年録音のAB面両方を聞かせたがっているようだ
B面のオリジナルはむろんガレージの帝王、アンドレ ウィリアムズ
ジェシ エド ディヴィスのカヴァーも有名である 


[PR]

by obinborn | 2010-11-18 17:30 | rock'n roll | Comments(2)  

Commented by フタミジュン at 2010-11-18 22:36 x
本当に早いですね。もう11年ですもんね。

彼は確かに体じゅうが音楽だらけのような人でしたね。
そんな彼の音楽に触れて、ジュニア・パーカーや
ブランドを更に好きになり、
スワンプ・ポップにずぶずぶハマり、抜け出せなくなり、
フラーコ・ヒメネスやサニー&サンライナーズなんていう
いかしたテキサスの音楽を教えてもらい、今やこれなしではいられない人生です。

今夜はThe West Side Sound Rolls Againをじっくり聞いています。

そういえば、彼の音楽に少しでも近付ける為に
5年前にサン・アントニオにも行った事を思い出している最中です。
Commented by obinborn at 2010-11-19 07:20
フタミくん、そんな意味でもダグの懐の深さには改めて驚嘆しますね
個人的にはクリーデンスを追いかけているうちに何となく引っ掛かった
のが最初のきっかけだったと記憶していますが まさにマイマン!です

<< 11月19日 いいときもあれば 悪いときもある >>