スポークン・ワーズ〜spoken wordsのこと

励ましのコメントをいただきありがとうございました!
勝手ながらこちらで返信させていただきたいと思います

練習を何度もしたとはいえ 自分のリーディングはまだまだ未熟でした
韻の踏み方 
バックトラックとの呼吸感
自分の発声
などなどに課題が残るのでした

またレゲエ/ダブやスポークンワーズといったジャンルへの理解や
”チャレンジング”という言い訳を
自分のパフォームと一緒にしてしまう甘えもあり
結果としてDJにお招きしたブンちゃんや新井さんにも申し訳が立ちません

本当にいいリーディングであれば レゲエやダブに興味がない人にも
きっと届いたはずですが それが出来なかったのは
やはり自分の未熟さ故でしょう
会場の雰囲気に呑まれてしまい 肝心のワン ヴァースを飛ばして
しまったことなどにも悔いが残ります

逆にいえばリントン クェイシ ジョンソンや佐野さんの大きさを再度
噛み締めさせられました
言葉を読む 言葉を音楽と同期させるといったことに関して彼らは
とても丁寧に向き合っているのでした

リーディングのテーマについては 在英ジャマイカンの”彼女”のことを
物語にしてみたのですが そのスケールに比べ自分の語法
はいかにも未熟でした

とりあえずリントンや佐野のカヴァーを試みることで少しずつ感覚を
養っていきたいと思っています

繰り返しになってしまいますが CAKEくん、utaさん、大森さん、酩酊爺さん
温かいお言葉をありがとうございます
すごく嬉しかったです

またいつかお会いしましょう


今日の午前11時 空が澄み渡っていました
[PR]

by obinborn | 2010-11-24 23:44 | one day i walk | Comments(2)  

Commented by booney at 2010-11-25 00:17 x
お疲れでした。いやはや、どーにもノリが良すぎた人が多く、とても嬉しいところなのですが、別の意味でダンスホール化となってしまい・・・・。こちらも反省するところ多しで。
Commented by obinborn at 2010-11-25 01:08
これもひとえにぼくが行ったスポークン・ワーズの未熟さ故だと
思っています 本当の意味で振り向かせることが出来なかったのです
ジョン・シンクレアかあ  彼もまた偉大なポエットですね  60年代末から
の彼の足跡にシンクレアの心の動きが見えてくるような大きさにぼくも
学ばなければいけません

ブンちゃん、新井さん、 いつかまた一緒にやりましょう!

<< そこにあった場所 one more mile t... >>