12月4日

昨夜はホンクの懇親会で飲み食べ放題だったのですが
ライヴ前に渋谷BYGのすぐ近所にある名店『喜楽』でラーメン
(やはり美味い!)を食していたこともあり自制したせいか
翌朝の体重もとくに変化はなく一安心でした

それでもバイトを終えた昼のあとに1回ウォーキングをし
夕方もう1回歩いたので 本日の成果は20,433歩でした

思えば医師に「このまま何も改善しないとあなたは確実に糖尿病になります」
「あなたは自己療法が出来ますか? それとも何らかの薬の投与で直しますか?」
と大変厳しい選択を迫られたのが5月のこと
その時点であくまで自己療法を固く心に誓ったぼくは それからほぼ毎日歩いて
きました 夏に行われた途中検診では医師に努力が認められ「3ヶ月でこんな
に痩せた人も珍しい」と一定の評価をして頂きました

ぼくはそこら辺にいるただの”冴えない中年のおっさん”の一人に過ぎません
メタポ(註1)は同世代に共通する悩みだとも思っています
一度増えた体重はもう戻らないとも思っていた節もあるのですが
この半年の努力に関してはそれなりの自負があるのでした

いつも引き合いに出していますがかつて中村とうようさんが『とうようズ・トーク』
で言っていた”自分との闘いはあっても 他人との比較や競争はあり得ない”
という価値観はこんなところにもぼくに影響を及ぼしていたのでした

e0199046_2262917.jpg


中村まりと筆者 今年10月ジェフ&エイモスの終演後 渋谷クアトロにて

(註1)メタポリック・シンドローム metabolic syndrome
肥満と高血糖 高血圧などの症状が二つ以上合併した状態のことであり
結果的に脳血栓などの動脈硬化を誘発し易い
詳細はwikkiを参照にして欲しいが その予防や改善策として慣習的な運動と
魚 米 野菜などを中心にした低カロリーの日本食も奨励されている
これも”飽食の時代”の結果かと思うと現代の大いなる皮肉であろう
ちなみにメタボを見事に克服しつつあるロッキン・オビン氏(52歳)は
「中年だから仕方がないという甘えが自分のなかにあった」とメタボ・デイズを
振り返ると同時に「改善するには(どうしても成し遂げるんだという)強い気持ち
が必要です」とモチベーションの重要性を語ってもいる
[PR]

by obinborn | 2010-12-05 02:40 | one day i walk | Comments(0)  

<< 12月5日 12月3日〜平易な言葉の豊かな連なり >>