12月11日

11日は天辰保文さんのトークイベント”Joyful Noise"を聞きに
渋谷のli-poに行ってきました
司会の市川誠さんのもと 本日のテーマは”2010年をそれぞれに
振り返る”という趣向

”自分たちに出来ることを精一杯やっている ”
そんな感想とともに天辰さんがジェイムズテイラー&キャロル キングのリユニオン
ライヴを反芻されていたことや ロニーウッドの語彙のこと
そして今年亡くなられた井上ひさしのメタファーに満ちた言葉を引用されていたの
が とくに印象的でした

ぼくもジェイムズたちのライヴを体験して 何て自分は小さいんだ 物事をきちんと
見渡していないんだと思ったことが未だ焼き付いています

説明的であったりすることなく また結論を急ぐわけでもなく
自分の実感を大事にしながら 音楽という抽象を捉えようとする天辰さんの
文章にオビンはずっと共感を覚えてきました

この人は 全然垢が染み付いていない
この人は白紙のような気持ちで音楽と向きあっている
そんな匂いに突き動かされることが多くって

「これから何が(ブームとして)来るか」という予想や「どれだけ売れたとか」
といった結果にはほとんど積極的な価値を見出せない
そんな意味あいのことも話されていました
これもまたぼくの価値観と基盤が同じという気がします

e0199046_163792.jpg


翻訳家の丸山京子さんと日本酒をたしなまれる天辰さん

第二部ではお客さんが持ち寄った音源を聞く会へと進み
どんどん場が和んでいきます

ちなみにぼくは東京ローカル・ホンクのリマスター版CDから
「いつもいっしょ」をかけて頂きました
そして”平易な言葉の豊かな連なり”のことや
優れた表現者は聞き手に想像の余地を残す(言葉の多義性)こと
などをコメントさせて頂きました

さあ 二次会も盛り上がってきました

e0199046_2512088.jpg


丸山京子さんと
ジャクソン ブラウン、ジョージィ フェイム、ジョン ホール、近年ではドニー 
フリッツなどのインタビューをぼくが行った際 とても丁寧に通訳をして頂
いたのが丸山さんなのです

e0199046_257697.jpg


敬愛する天辰さんと
「小尾さん、いっしょにがんばろう」と天辰さんから何とも嬉しい言葉をかけて頂き
ました もの書きを続けてきて良かったと思える瞬間です

他にもこの日はいろいろな方々とお話しさせていただき
とてもいい時間を過ごしました
皆さん、またお会いしましょう

e0199046_11274361.jpg


今日(12日)のアヒルさん
昨日は14,147歩
今日は軽めに10,754歩で調整しました
[PR]

by obinborn | 2010-12-12 03:23 | one day i walk | Comments(0)  

<< マックが街にやってきた! 12月10日 >>