12月22日

一切の無駄がない引き締まったバンド アンサンブルを考えるとき
真っ先に思い起こすのが
ルー リードの『ライヴ イン イタリー』だ

83年秋の欧州ツアーからイタリアでの9月の演奏をLP2枚に収める
ギターが二人 あとはリズム隊のみのフォーピース編成で
隙間だらけの空間を織りなす樣は ある意味ロックバンドの究極かも

フェルナッド サンダーズのベースは何て自由なことだろう
ロバート クインのギターはナーバスなうねりに満ち
ルーのそれと補完し合っていく
そしてフレッド マーの役割は しっかりとしたドラムスを叩くこと

そんな意志の集積
恐ろしいまでのクールな熱気

ルーから「俺は平均的な男さ」なんて発せられる
そのことでぼくも偏見無くやっと彼の音楽に向き合うことが出来たのである

ロック音楽の死体たちにさんざん向き合ってきたぼくは
今 健康のことを考えている
健康なんかロックじゃないなんて思う勢力には加担したくない
健康でなければ 隣の奴が発する一瞬の音さえ聞き逃してしまう

お酒は大好きだけれど ドラッグの神話には騙されない
騙されまい
何故ならそれは自分の不幸と合わせ鏡のようなものだから
語彙を放棄したロックンローラーは 悲し過ぎる

ぼくはもうカート コバーンの死体を見たくはない
ぼくはもう愛すべきアレックス チルトンの死体を見たくはない

「ヘロイン」の演奏が終わると
ルー リードたち4人はまるで祈りのような「ロックンロール」を歌い始めていく

e0199046_1183519.jpg

[PR]

by obinborn | 2010-12-23 01:19 | rock'n roll | Comments(2)  

Commented by at 2010-12-23 01:50 x
アレックスチルトンはハートアタック
寿命じゃねーの?
Commented by obinborn at 2010-12-23 02:02
きみと話したいことが溢れてきました
西川くん(G)と  もっともっとロックのことを話したいです!

<< 12月23日 実感のある言葉について〜梅澤く... >>