12月23日

年末年始は久しぶりに原稿なしで過ごせるかな? なんて甘く考えていたら
神はそう許してくれませんでした
読書もキリのいい50冊を目指していたのですが 今年はどうやら48冊で
終わってしまいそうです

原稿を書くこと自体に関してぼくはまったく苦痛ではなくむしろ楽しいくらい
なのですが 気持ちが乗らないとなかなか書き始められないというクセがある
のです 同業の小松崎健郎さん(元気かな?)なんかも間違いなくそんなタイプ
であり ぼくらはお互いに傷を舐め合っています(笑)

まして好きだった牛心隊長が死んでしまったとなればなおさらです
彼について書くのならまだしも 全然違う音楽についての文章なのですから
ほんと一苦労、、、なのです

それにしても もはやザッパもビーフハートもいないとなると
つくずくロックをめぐる歴史が二回りくらい幕を閉じてしまったような寂しさに襲わ
れてしまいます

ロックの精神論を振りかざすわけじゃないけど それでもロック音楽の根幹を成す
のは”反骨精神”だとぼくは思っています
それを商業主義との折り合いのなかで実現させなければならないところに苦みも
矛盾もあるのですが そうした意味ではザッパも隊長も大いに健闘したといえるの
ではないでしょうか?

もう一点この二人に共通するのはユーモアの感覚です

プログレやジャズ顔負けの高度なインプロ演奏をしつつも耽美的になったり
自家撞着になったりするのではなく ときに下世話なネタまで仕込むあたりに
ぼくはザッパの本質があると思います(そんな意味ではやはりアメリカの人だ
よなあ〜)

ディランそっくりのハーモニカで彼のことを揶揄したこともあるザッパですが
ディランといえども有名になるにつれて”権力”とか”象徴”になっていくことが
ザッパはきっと許せなかったのだと思います

彼らの偉業のまえでは ぼくなど取るに足らない存在に過ぎませんが
自分の好きなものを脅かすような権力や権威には
これからもしっかりと NO ! という意思表示をしていこうと思います

自分が自分であり続けることはすなわち 自分が他の誰かになってはいけない
ということと同義です

まるでバニラアイスのように甘い愛やら平和やらが誰にとって都合のいい
お題目なのか?
その裏に隠蔽されているものの恐ろしさはどれほどのものだろう?

そんなことを思うたびに 強い気持ちでいなければと思うオビンでした
[PR]

by obinborn | 2010-12-23 13:17 | rock'n roll | Comments(2)  

Commented at 2010-12-24 20:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by obinborn at 2010-12-25 03:38
こまっちゃん、久しぶりです
お元気そうで何よりです ぼくは晴耕雨読の如く地味に暮らして
います ぼくにも苦手というかちっとも良さが解らない音楽はいっぱい
あります というか昔からそんなのばっかりだったかな(苦笑)
また飲みにいきましょう! 来年も地味な江古田人民を誓うオビン
でした(笑)

<< 苦みや失意あるいは視野があるク... 12月22日 >>