12月28日

山崎豊子『運命の人』(二)を読了 今年50冊め

山崎はアンチ・ヒーローというか社会とまじめに対峙しようと思えば
思うほど規範から外れていくようなアウトローたちを描くのが上手い
今回の『運命の人』も正義感に満ちた新聞記者が沖縄返還の裏で
アメリカと密約された文書をスクープしたことが発端となって当局か
ら逮捕されるというのが 前半の主なあらすじだ

e0199046_013267.jpg


話変わって タワレコとワーナーの合同企画”Tower To The People"
でロックの名盤が求めやすい価格で年末にリリースされている

そのなかの一枚でボニー・レイットの『ストリートライツ』(74年)の
解説原稿を書かせていただいた デヴィッド・スピノザやスティーヴ・
ガッドなどニューヨークのスタジオ・ミュージシャンとともに録音に臨
んだこのアルバム 必ずしも世評は好意的ではなかったように記憶
するが ぼくは好きな作品である

ちょうど時期的にもジェイムズ・テイラーがNYに出向きスピノザらと
『ウォーキング・マン』(ぼくの生活そのもの?!)で新境地を打ち出し
た時期と重なる ライナーではそこら辺の成果と課題についても書い
てみた

そういえば本作にはJTの「レイニー・デイ・マン」が収録されている
この曲をJTのトリビュート ライヴで歌うレイットの姿も印象的で
彼女はこう言いながら歌い始めるのだ

「私はジェイムズの影の部分に惹かれるの」

e0199046_0342022.jpg


余談だが レイットの現行CDでは『ギヴ・イット・アップ』(72年)と
『テイキン・マイ・タイム』(73年)のライナーを書いていますので
よろしかったら 

本日はアルバム・レビュー用の短評を6枚ほど書いて送信した
一枚のアルバムに対して250字余りの短い文章では 何を書き
何を削ぎ落とすのか あるいは文体のリズムがいかに大事かを
改めて考えさせられる

ちなみに本日は以下の作品について

ザ バンド『南十字星』
ネッド ドヒニー『ファースト』
ライ クーダー『チキン スキン ミュージック』
バッファロー スプリングフィールド『アゲイン』
CSN&Y『4 ウェイ ストリート』
ザ シティ『夢語り』

言わずもがなの傑作ばかりですが だからこそいきなりPCに向
かうのではなく まずは手書きの原稿用紙で書いてみました
[PR]

by obinborn | 2010-12-29 00:46 | one day i walk | Comments(1)  

Commented by NOAH at 2010-12-29 14:16 x
おお、楽しみですね

4WAYあたりどんな話なんでしょうか・・・

<< ウー・ララ 12月27日 >>