1月3日

e0199046_18512998.jpg

エジプトは国民の大半がイスラム教徒だが 約1割を(キリスト教の一派である)
コプト教徒が占める 両者の間には教義の違いや少数派の権利などをめぐり
潜在的なあつれきがあり 散発的な衝突が続いている

e0199046_1922958.jpg


神(註1)である私よりも 人は意味を成さないものだ

最も愛おしいサボテンの花よりも 最もしとやかなユカの木よりも意味がない

人がこの砂漠を追い求めるのは 神である私がそこにいると思っているからだ

ワハハ、だから神である私は人類を愛するのだ

人々はみな神である私への信仰(註2)に夢中

ワハハ、だから神である私は人類を愛するのだ

ランディ ニューマン「神の歌」


註1 「神」

アルバムの最後を神に関する歌で締めた音楽家といえば すぐに思い出すのが
ジョン レノン、ランディ ニューマン、佐野元春
順に 神の完全否定、 神になった立場での人類への揶揄、そして想像力を駆使
し”無事に辿り着けますように”という隣人への願いである

註2 「信仰」

今まで何度も書いてきたが 私は信仰を積極的な意味に於いて持たない 
一つの信仰の幸せが他の信仰にとって不幸であるという”からくり”に何故人々は
気がつかないのだろうとも思う

「導師なし、教義もなし、教師も得ずに」
ヴァン モリソンの歌ではないが そこから多くのものがすくっと見渡せるだろう
[PR]

by obinborn | 2011-01-03 19:25 | one day i walk | Comments(2)  

Commented by osamu at 2011-01-04 08:56 x
<私は信仰を積極的な意味に於いて持たない 
一つの信仰の幸せが他の信仰にとって
不幸であるという“からくり”に
何故人々は気がつかないのだろう>

新年から、この一文に大きく頷きました・・・まったく同感です。

遅れましたが、本年もどうぞよろしくお願いします。






Commented by obinborn at 2011-01-04 09:56
個人的な信仰の自由も尊重されなければいけませんが
いくら立派な教義であっても 実際に組織として経営して
いくうえでは階層(ヒエラルキー)があり お金の問題が付
いて回りますが それでも人は”拠り所”を求めるのでしょう
か?  我々のように強靭な意志の持ち主(笑)には関係ない
世界ですな^0^

こちらこそ本年もよろしくお願いします

<< 1月3日(個人編) キャラヴァンサライ >>