1月10日

今日は成人式
このblogの年齢層としては該当者は当人ではなく
息子や娘の晴れ姿、という感じでしょうか

ぼくの頃は「成人式なんか出てたまるか!」という
ポーズが当然の審美眼としてあり 実際ぼくは出席
などしなかったが そういう論理自体が今やもはや
成り立たなくなっている

”従順な”若者たちの姿には違和感も覚えるけれど
今思い出すのは どちらかというと自分の気持ちではなく
それを告げた時の母親の悲しげな表情だったりする

まったく不遜な息子である

先日のDJ  牧さんの時盛り上がったのが
エルトン ジョンのサウンドトラック アルバム『フレンズ』のこと
実は名盤!

e0199046_15501478.jpg


映画は未見だが DVDにでもなっていたりするのなら一度は
観てみたい
音楽はむろんトーピン/ジョンのチームにマレイ/オルソンのリズム隊
これにスコアを指揮するのがポール バックマスターで
バックマスターらしい低音部にフォーカスした重厚な弦が波のように
押し寄せてくる

うう、サウンドトラックだから余計 バックマスターの技が冴えているような、、、
記憶違いかもしれないが デザイナー/イラストレイター奥山さんのお気に
入りの盤だったような

購入はずいぶん後になってしまったが
中学当時 所沢のヤマハでこのLPのジャケを見て
顔を赤らめ ドキドキしたものだ

そうした感性自体も今の15歳の環境だと異なるような気がする

ねえ、ハマちゃんどう思う?
[PR]

by obinborn | 2011-01-10 16:10 | one day i walk | Comments(0)  

<< 冬の空、リコのボーン 葡萄畑のオキーフ >>