2月26日〜百年に一度の声

中村まりのソロ・ワンマンを下北沢のleteにて

e0199046_2413229.jpg


開演前にはディランの『ブロンド・オン・ブロンド』がずっと流され 馴れ親しんだ
古典を自分の部屋とは違う場所で聞く意味を考えさせられる 「ローランドの
悲しい目をした貴婦人」に差し掛かった辺りで 中村まりは登場した

ひとつの点でしかなかったものが次第に輪郭を描き出しながら
やがて線へと像をしっかり結んでいく 彼女のライヴを聞き続けてきて思うのは
そんなことだったりする
中村まりは中村まりでしかあり得ない 問われればそう答えるしかないことを
確かめるために ぼくは今日もまた会場へと足を運ぶのだ(蛇足だが享楽的
に”話題の”音楽と接する方々には この感覚はなかなか理解してもらえない
のかもしれない)

「Freight Train」や「Key To The Highway」あるいは「Fishing Blues」と
いった古典に加え 今回はカヴァー曲もポール・マッカートニーの「夢の旅人」
(Mull Of Kintyre)*註1、ロン・セクスミスの「God Loves Everyone」
トム・ウェイツの「The Heart Of Saturday Night」など多彩だった なお
ウェイツ曲の時には外でバイクの排気音が微かに聞こえるなど 偶然とは
いえ原曲での車音のサウンド・エフェクトと重なる部分には思わず息を呑んだ

片手にカーター・ファミリーがあり もう一つの手に「Mother Nature's Son」
を抱えているような振り幅は 結果的に彼女の歩みをとても自由にさせている
と思うがどうだろうか?  終演後に中村と幾つかの言葉も交わしたが 
たとえば本格的なブルーグラスの世界に入ってしまうことの危うさに関しても
本人は感覚としてきちんと理解しながら その罠*註3をすくっと見渡している
ようにも思えた

e0199046_255360.jpg


新曲として今夜初披露された「When The Day Is Over」は掌で歌を温めている
ような表情が鮮やかだった(またすぐに聞きたくなった!)し
 「Bye Bye Street」でのシンコペイションが深いフィンガー・ピッキングは
 この人のなかにある芯の強さを伺わせる
そしていつも思うのは 語尾をヴィブラートさせながら伸ばしていくそのヴォーカル
の味わいだ こればかりはもう彼女の独壇場といったところだろう

e0199046_327247.jpg


そういえばこの日は汽笛を模したようなハーモニカも素晴らしく  終曲の「Going
Back To My Home」が果てることのない線路のような余韻を残していった

e0199046_9221131.jpg


「私は英語で歌っていますが あとでCD*註2の対訳を読んでいただいてから
”いいね!”って言われるのも好きなんですね お手紙じゃないですけど」

中村は以前取材記事でそのような旨を話していたことがあるが 時間に対する
そうした感覚がまた彼女の優れた特質なのだと思う

いずれにしてもこの”百年に一度の声”は啓示的な「Lonesome Valley Blues」
のように これからもその歩みを続けていくことだろう


註1:「夢の旅人」(Mull Of Kintyre)
ポール・マッカートニーが第二期のウィングス時代に発表した曲
アルバム『ロンドン・タウン』(78年)に先行する形でシングル・リリース
77年に全英1位へと上り詰め その売上げは200万枚を超えた
バグパイプを導入するなどブリテン諸島的な哀愁を駆り立てるという意味
ではロッド「セイリング」と似た傾向を持つ ともにアメリカではチャート・イン
すら果たさなかったという事実が両曲の特殊性を物語っているとも言えよう
ちなみに中村はゆったりとしたワルツ・テンポの同曲を噛み締めるように
歌い 原曲の良さを際立たせていた

註2:CD
こうしてソロ・ライヴに接していると スタジオ・レコーディングではシンプル
ながらも音が細かく重ねられていることに改めて気がつく 
どちらが良いということではなく 録音物として流通させるための配慮と
生演奏という一回性では目的が異なるのは自然なことだろう
多くの優れた音楽家たちは作品とライヴ・アクトとの往復のなかで両方
の価値を見出している

註3:その罠
ブルーグラスやジャズといった高度な器楽演奏が前提とされる音楽の場合
どうしてもプレイヤーによるプレイヤーのための音楽といった性格が立ち込
めてしまう 筆者の主観もあるだろうが手段(テクニック)と目的(歌心)を取り
違えた音楽に惹かれることはない そうした感性もまた”ロック”が教えてくれ
たことかもしれない
[PR]

by obinborn | 2011-02-28 16:18 | one day i walk | Comments(3)  

Commented by kofn at 2011-02-28 00:49 x
初めてコメントさせていただきます。
この夜、初めて中村まりさんのライブを見ました。
彼女の生の弾き語りの歌声は、
CDで聴くよりもさらに豊かな響きがあったと思います。

>語尾をヴィブラートさせながら伸ばしていくそのヴォーカル
の味わい・・・
仰るとおりで、"Peace Of Mind"など、息を止めて、
その低く伸びる歌声に聴き入りました。
Commented by obinborn at 2011-02-28 01:16
kofnさま、こちらこそ初めまして ご訪問ありがとうございます
中村まりさんのライヴに反応をいただけるのは嬉しいです
本当に素晴らしい夜でしたね
ヴォーカル・スタイルを言葉で表現することにいまひとつ
自信が持てなかったのですが 賛同者約1名!(笑)
「peace of mind」(メモではpieceと誤記しています)に
ぼくも感銘したひとりです

Commented by 鈴木カツ at 2011-02-28 20:31 x
★久しぶりに覗かせていただきました。ツイッターで中村まりさんの素晴らしさをつぶやいたところ、小尾さんも絶賛してまして、偶然ですね!
 まりさんが「ブルーグラス」の世界と関係を持つことには、ぼくも危惧感を持っておりました。それにして素晴らしい歌手が生まれましたね。

<< 3月1日 転がる石のように >>