3月2日

2月のウォーキングも頑張って毎日達成しました
途中で雨が降り出して退散した8日と9日こそ7,000台に留まりましたが
あとは毎日概ね順調に10,000以上歩いたのでした
これでもう少し稼ぎがあるといいのですが(苦笑)

ムバラクが追われカダフィも末路に立たされている現在
人々の結びつきの強さを感じずにはいられません
そしてケータイやネットが”横の武器”となって上から下へといった”縦割の”
独裁国家を根本から揺るがしたことは すごく大きかったと思います

作家の池澤夏樹さん(スケール感があって好き)が新聞コラムにて
こうした革命に関して
人類の歴史は歩行から始まり 言葉を得た
その延長線上にケータイがあるという肯定的な見方をされていて
とても新鮮でした
テレビは検閲を受けるが(個人的なメディアである)ケータイは自由だとも

e0199046_13192144.jpg


ダン・ヒックスのシャーラタンズがキャリアの振り出しとなるマイク・ウィルヘルム
そんな彼が76年にリリースしたソロ作だ ある意味遅れてきたヨーマ・コーコネン
のような風情だろうか 「好きなことを好きにやるのがソロってもんだろ?」 
そんな彼の声が今にも聞こえてきそうなブルーズ・アルバムである
愛すべき異端児がここに
[PR]

by obinborn | 2011-03-02 18:59 | rock'n roll | Comments(4)  

Commented by ちーくん at 2011-03-03 21:35 x
おお、Mike Wilhelmじゃないですか!
その昔、古い友人が彼の自宅に泊めてもらい、私がファンだと告げてもらい、サイン入りメッセージとステージの生写真(with Dan Hicks)をいただきました。今でも宝物です。Charlatansも最高!
Commented by obinborn at 2011-03-04 02:38 x
おお、そんなことを言ってくれるのはちーくんだけですよ(笑)
ウィルヘルムの自宅というとやはりベイエリアなのでしょうか
私もサインが欲しかったなあ〜
低予算ソロのお手本のようなアルバムですがガンガン伝わって
きますなあ!
Commented by ちーくん at 2011-03-05 13:34 x
友人を介してMikeさんからサインを貰ったのは何年も前ですが、その時に彼が住んでいたのはカリフォルニア北部のLake CountyでClear Lake湖畔だということです。とても親切で良い人だという話でしたよ。
Charlatansなんてダン・ヒックス絡みでごく稀に名前が出るくらいの知名度しかないっすもんねえ。Mikeの存在にしても、残念ですねえ。
Commented by obinborn at 2011-03-05 13:57
やはり北カリフォルニアのほうに住んでいたのですね 何となく
納得です そういえばダン・ヒックスのアニヴァーサリー(35周年?)
ライヴのDVDを以前見ていたら 終盤にウィルヘルム先生がしっ
かりとコーラスで加わっていて感激したものです 

<< 3月4日 何一つ無駄のない音、パブ・ロッ... >>