3月19日

セリーグ問題を再び取り上げてみたいと思います

ヤクルト宮本前選手会長says
「停電、節電と言っている時に 煌々としたなかでやるのは
ぼくは心が痛い」

これこそが多くの人々の”まともな”感覚ではないでしょうか?

ちなみにパ楽天を今季から率いる星野監督は 宮本を擁護し
「よく言った こういう言葉が巨人の選手から出て欲しかった」
と皮肉たっぷりに述べています

自分が来週やるDJを棚上げしてもしなくても
ぼくとプロ野球とでは規模が全然違うでしょう(笑)

e0199046_2502180.jpg


ヴァン06年のアルバムは まるで『おやじ、カントリーを歌う』の風情そのまま
そうした交歓をニック・ロウ人脈というかロンドン裏街道組みであるゲライント・
ワトキンスやポール・ライリーらと行った まさにパブ・ロック風味の作品だ

全編ホンキー・トンク・スタイルが辺りを包み込み ゲランのピアノには何やら
フロイド・クレイマーの風情が漂う

獄中で死んだR&B歌手リトル・ウィリー・ジョンの持ち歌「big blue diamonds」
やチャック・ウィルスの啓示的な「what am i living for?」など
歌われるべき歌の数々が収録された

腹八分目の歌唱です
こうした旅の報告を私は嬉しく受け止めています
[PR]

by obinborn | 2011-03-20 03:37 | one day i walk | Comments(0)  

<< ありがとうございます! 3月18日〜どんな気がする? >>