3月28日/そしてラクーンからの便り

いろいろなことが剥き出しになり
いろいろなことが試されている

あの日を境に何だか位相が歪み 
見える光景が違ってきてしまった

昨日までそこにあった町や人が
今は瓦礫のなかというのはどんな気がするのだろう

自分が育ち子供の頃の記憶と分け難く結びついている光景が
一瞬にして奪われるのはどんな気がするのだろう

自分の家や店や学校が跡形もなく流されてしまったというのは
一体どんな気がするのだろう

持っていたものをすべて失うというのは
一体どんな気がするのだろう

帰るべき家はもうない 会うべき人たちはもういない
それは一体どんな気がするのだろう



e0199046_2531863.jpg


追記:その後ラクーンより掲示板のほうに連絡がありましたので
こちらに転載させていただきます
大変な状況のなか よくぞ書いてくれたと思う
ラクーン、負けるなよ!

 *             *             *

だんまりですみません
投稿者:raccoon 投稿日:2011年 4月 1日(金)16時45分42秒

被災地へのおこころづかいありがとうございます。
先日やっと故郷・陸前高田で家族と対面できました。

それまでは毎日映像を見るたび泣いて暮らしていましたが
行く道の、自衛隊の皆さんやタンクローリー、
救援物資を運ぶトラックの逞しい姿に何度勇気づけられたことか。
皆さんの善意のライン。
そうでした、心が折れたなんていっている場合ではないのでした。
頭は冷たく心は熱く。やることは山積みです。

まだ音楽などを楽しめる余裕はありませんが
もう少し経って、気持ちをくんでくれるのも
傍にいてくれるのも必ず音楽だと思っています。

それぞれの思いを胸に前へ
どんなに厳しいときも生き抜いてゆきましょう。
http://www3.nhk.or.jp/news/jishin0311/movie/chapter_43.html

e0199046_20454855.jpg


ラクーンが大好きなヤングブラッズ
写真は彼らの71年作『Good And Dusty』の裏ジャケットから
「これならオレでも演奏出来るんじゃないか?」と思わせる鷹揚
な響き ヘタレの極北のような親近感が魅力のグループだった
ジェシ・コリン・ヤングの名曲「light shine」が愛でるような余韻を残しながら
アルバムは終わる
ちなみにレコード番号はraccoon#9
[PR]

by obinborn | 2011-03-29 02:19 | rock'n roll | Comments(5)  

Commented by osamu at 2011-03-29 07:54 x
まさに、こうした被災地やその人々への思いを馳せること、想像することが、被災から免れた自分たちに出来得ることであり、それを試されているときのような気がします。
もし、少しでも被災地やその人々に(想像することだけでも)近づけられたら、不必要な買占めや哀しいデマや噂など流すこともないだろうに。
Commented by obinborn at 2011-03-29 08:16
お判りのように(いささか刺激的な)リード文と対になるように
書いてみました 人様のblogを読んでいて温度差や違和感を
覚えることもしばしばです(逆もまた真なり)が 今は揚げ足を
取り合っている場合ではないでしょうね
かもんみねこさんが描いてくれた絵とその直裁なメッセージ
がこういう時は一番訴えるような気がしてなりません
Commented by at 2011-04-04 23:53 x
無事に家族と会えて良かったです、冬の後には必ず春がやってくる!
Commented by 大森朗子 at 2011-04-09 13:16 x
小尾さん
お久しぶりです。
しばらくブログの更新が無いので心配しております。

私もやっと現実を受け止められるようになってきました。

今日は弦二さんのソロを聴きに行きます。

近いうち小尾さんの弦二さんのロングインタビューリンクはらせて頂きますのでよろしくお願い致します。

16日お会い出来るのを楽しみにしております。
Commented by obinborn at 2011-04-10 06:53
大森さん、ご心配をお掛けしてすみませんでした
普段通り東京で暮らしていることに違いはないのですが
書けなかったのでした、、、、、、

ちなみにナカハラのDs最高! です^0^

<< 4月9日 3月26日 >>