4月28日

先日 近所のブックオフに新刊書籍(単行本)を買い取ってもらったところ
10冊でなんと1.000円というトホホなものでした
つまり一冊平均100円 デフレを痛感するこの頃です

書籍に限らずLP/CDも余程レアなものでない限り 定価の1割以下で査定する
のが当たり前の状況になってしまいました
かつては最低20%で買い取ってくれたという感覚がぼくにはまだ残っている
だけになんだか切ないですね

ちょっといいレコードであれば(輸入盤が1,880円相場として)850円で評価
していただいた時代もあったのになあ(涙)

たぶん震災以降はこうした状況はもっと加速していくと思います
つまり1,880円平均のノラ・ジョーンズやジャック・ジョンソンの輸入新品CDは
150〜200円で買い取りされて600円前後でブックオフに並ぶのです
マニアックなお店だったら 在庫過多やそぐわないという理由で買い取り
拒否になるかもしれません

景気が見えない→企業の賃金抑制→CDどころではない→安価のCDが欲しい
→(小売業は)高価ではお客さんが買ってくれない→結果的に投げ売り→
お店の投資に回せない→存在意義がない→あの店は100均か? といった評価損
そんな具合でまさに負の連鎖なのです

せめて心穏やかに生きたいと思うし  
手持ちのLPを繰り返し大切に聞きたいと思う今日この頃です

e0199046_1923727.jpg


A面をまるごと「カリフォルニア組曲」に費やしたジェシ・コリン・ヤングの74年作
演奏者の自意識から逃れているような佇まいは まさにポスト・ロックかも
ヤングブラッズ時代の名曲「light shine」を再演しアルバム表題にしたこの男
今であればさしずめ元祖ジャック・ジョンソンとして崇められていたかも
[PR]

by obinborn | 2011-04-28 19:21 | one day i walk | Comments(2)  

Commented by レシーブ二郎 at 2011-04-28 22:06 x
自分はレコードも本も基本的には売らない主義なのですが、今はそんな相場になっているのですね。リスクはあるし、モノによりけりですが、ネットオークションに出す方が利益はあるかもしれませんね。ジェシ・コリン・ヤングは1988年2月に大阪御堂会館でライブを見ました。とってもすばらしかった記憶があります。それ以降来日してないみたいだし、見れてよかったです。
Commented by obinborn at 2011-04-28 22:54
ホント、こんな相場なら売らずに聞き直すほうがよっぽど幸せかも
しれません ぼくはヤフオクを始めとするネットオークションは時間
がもったいなくて一切やらないのでどうしてもまとめて中古盤店に
売るのですがここ数年は満足する結果を得られないのでした
ジェシ・コリン・ヤングはぼくはライヴを未だ観たことがありません
しかし、自分のなかの棘みたいなものがどんどん洗い落とされて
いくような素晴らしい音楽だと思います こんな殺伐とした世の中
だけに忘れたくない人ですね

<< 打ち込みとウィンウッド 4月26日 >>