8月12日

いやあ 今日はさすがに暑かった
練馬区の温度はだいたい37、6度 つまり人の体温以上ということで
こりゃ水分補給が欠かせないというもの
松田選手の例もあるように 皆様も体調管理には十分お気を付けください

それにしても昨夜のニック・ロウ公演は本当に素晴らしかった

ぼくが思っていることは昨日書いたので繰り返すのは最小限にとどめたいけれど
歌われる一曲一曲のなかに彼の個人史なり時代背景がすくっと浮かびつつ
走馬灯のように消えていくような感覚は 70年代の初期から活動してきたニック
ならではのもの

少しだけ上の世代のビートルズやストーンズの姿を追いかけるような形で音楽
活動を始めた彼は ヒッピー・ロックからパンク/ニューウェイヴまでいわば二つの
時代を生きてきたのだった

ブリンズリー・シュウォーツが解散する74年に
ニックはこう回想している

「ぼくが60年代に多くの時間とエネルギーを注いできたあのヒッピーっていう奴は
すっかり古臭くナンセンスなものになっていた その姿が廃れていくのをぼくは
ずっと見てきたしね すると頭のなかでフレーズが閃いた!そう年老いたどこ
かのヒッピーが語るという設定でね ”今すべてが変わろうとしている きみは笑うか
も知れないが だからといって平和と愛と理解のどこが一体可笑しいんだい?”
すごいタイトルを思い付いたもんさ そしてリックにはジュディ・シルの『jesus was
closs maker』を少しばかり皮肉っぽく拝借したのさ 勿論平和と愛っていうのは
基本的にはいいものだと思っているよ でも昔の夢はいつか終わった あの時のぼく
はまさにひとりぽっちで荒れ地に立っていたようなものさ 何かに気が付くためにね
そんな意味でこの『(What's So Funny About) Peace Love And Understandin
g』は まさしくぼくにとって目覚めの歌だったんだ」

(ウィル・バーチ著『パブ・ロック革命』より)

e0199046_0231990.jpg


Nick Lowe  11,oug 2011 @Billboard Tokyo (First Show)

1People Change(solo)   (From the album :At My Age '07)
2 Heart (solo) (Nick The Knife '82)
3 What Lack Of Love Has Done (Dig My Mood' 98)
4 Ragin' Eyes (Abominable Showman '83)
5 Lately I've Let Thing Slide (The Convincer '01)
6 Has She Got A Friend? (The Convincer)
7 I Trained Her To Love Me (At My Age)
8 I Live On A Battlefield (Impossible Bird '94)
9 I Lead A Rot (The Old Magic '11)
10 Cruel To Be Kind (Labour Of Lust '79)
11 Raining Raining (Nick The Knife)
12 Long Limbed Girl (At My Age)
13 Somebody Cares For Me (The Old Magic)
14 House For Sale (The Old Magic)
15 Without Love (Labour Of Lust)
16 (What' So Funny About)Peace Love And Understanding  (New Favourites Of
Brinsley Schwarz '74)
17 I Knew The Bride(When She Used To Rock N Roll) (The Rose Of England '85)
==
e 1 Only A Rose (Lowe&Watkins)
e 2 When I Write A Book (Rockpile's Secound Of Pleasure '80)
e 3  
==
e 4 The Beast In Me (solo)  (Impossible Bird)
[PR]

by obinborn | 2011-08-12 22:37 | one day i walk | Comments(2)  

Commented by legend at 2011-08-13 15:24 x
お邪魔いたします。やはりニックについて書いてくれましたね!

ニック・ロウはやっぱりかっこよいですね。自分にとってこんなに大事な人になるとは20年前には思っても見なかった。

アンコール前の曲、調べるためロカビリー棚ひっくり返しました!
Cliff Johnson / Go away hound dog でした。
ちなみに3曲目はPeople Change(At My Age収録)だったかと。
Commented by obinborn at 2011-08-13 16:08
ご教示ありがとうございます 大変不勉強ながらcliff johnsonの
その曲は聞いたことがありませんでした
なおその後調べたところ3曲めは「what lack of love has done」
(『Dig My Mood 』98年所収)でした ぼくが見た11日の1st show
では1曲目が「people change」でした

<< 中村とうようさんのこと その4 8月11日 >>