音楽は丁寧に聴きましょう〜this note for you

『ローリング・ストーン』誌の名物記者、ビル・フラナガンがJTへの
インタビューの際 イントロダクションでこんなことを述べている
「Your Smiling Face」(きみの微笑み)というのはジェイムズの
一般的な肖像に対する反語ではないか、と

それなりに時間をかけて音楽を聞いてきた
時間を足し算するような意識でロックを解ったつもりにもなった
でも それはあまりに傲慢過ぎる態度だった

「かなわないなあ〜」と思わせる一撃がある
周りの景色を一瞬のうちに塗り替えてしまう興奮がある

ぼくの場合 「Your Smilng Face」(77年)との出会いがまさにそうだった

たった一回だけラス・カンケルが殆ど信じられないようなフィル・イン(註)をする
リー・スクラーのベースは丁寧に裏メロを拾う
クラレンス・マクドナルドのピアノは二回ほどグリッサンドをし
ダニー・クーチはといえば リズムしか弾かないことでギターを鮮やかに浮かび
上がらせる

主人公であるジェイムズはこの明るい曲のなかで
何度も何度もHow Much Longerと繰り返している

この気持ちは毎日どれくらい強くなっていくんだろう、と

e0199046_1955763.jpg


(註):信じられないようなフィル・イン
2コーラスめの途中にマーチング・スタイルを一瞬だけ混ぜ あとは通常のスネア
叩きに戻すという離れ業を行っている そこら辺もしっかりと聞き取りたい

e0199046_20251314.jpg


素晴らしいドラムズ奏者、ムーさんこと中原由貴と 今年4月に
この人も青山陽一BM's「Friday Rider」でマーチング・スタイルを援用するなど
16打ちの波に変化を付けている そのアイディアが非凡!

*単なる思いつきでデレデレと写真を載せているわけじゃありませんので(笑)
そこんとこよろしく〜^0^ こんなこともいちいち説明しなきゃいけないから
ネットって大変だなあ〜(笑) ちゃんとJT〜カンケル〜ナカハラさんと共通項
を考えながらまじめに書いているんだよ! 
[PR]

by obinborn | 2011-09-12 07:05 | rock'n roll | Comments(0)  

<< 9月13日 9月11日 >>