10月12日

今日は私のDJ仲間の一人である新井裕尚くんをご紹介しましょう

クリンク・レコード(芽瑠璃堂)の社員でもある彼とは仕事をともに
する関係でもあり 要は新井くんがライナーノーツを依頼・発注し
私がその原稿を書くという立場なのですが ここはひとつ恩を売って
おきましょう^ー^

実は先日 下北沢のレコード・ショップ、サボテン・レコードの取材を
新井くんが受けたみたいなんですね その様子はサボテンさんのweb site
にupされていますので そちらをたっぷりご覧になっていただくとして 
私はそこから勝手に少しだけお写真を抜粋させていただきたく思います
サボテン・レコードさん、どうかお許しを

e0199046_724233.jpg


まずはこれがミスタ・アライのお写真です
最初にお会いした5年ほどまえはビーフハート顔負けのロンゲに顎髭という
お姿でそれはそれは激烈なインパクトがあったのですが 現在はこのような
爽やか青年?へと変貌しています 顔にまだあどけなさがあるのも女子の
心をくすぐるのではないでしょうか

e0199046_765838.jpg


彼の部屋にあるコレクションのほんの一部です 私も90年代にレコード・
コレクターズ誌に取材していただき「レコード・コレクター紳士録」の連載
に顔が掲載されてしまったという恥ずかしい過去があるのですが なかなか
インパクトがあるお部屋ですね〜 こりゃやっぱ好青年じゃないよな^0^

e0199046_713096.jpg


彼が対象とするコレクションは和洋東西 津軽三味線からレア・グルーヴまで
に至ります その柔軟性があってこそDJのスクラッチ技がガンガン決まるの
ですが そんな新井くんの数々の捕獲からブリティッシュ・ビートものをピック
アップしたのがこれです

というわけで仕事ぶりは真面目だしDJは面白いし飲み友だちでもある新井くん
(Mr.Alive)のご紹介でした これからもよろしくね

さてさてそんなぼくらですが 次のDJイベントも決まっていますのでお時間の
ある方は からかい半分に遊びに来ていただくと嬉しいかもです

e0199046_726074.jpg

[PR]

by obinborn | 2011-09-15 20:36 | one day i walk | Comments(1)  

Commented by araimeruri at 2011-10-12 12:45 x
こんなに大フィーチャーしていただくなんて、汗が止まりません(・・;)
小尾さんとお会いして早5年、時に酒場で、時にライヴ・ハウスで杯を交わし、そしてDJとしてお付き合いさせていただけるのは本当に嬉しいことで、文屋さん、新井崇嗣さんからも毎回学ぶところ大です。このご恩はいつかお返しします(笑)。
22日も(こだわりのオーディオ機器にご迷惑をかけない程度に)はりきってやりますのでどうぞよろしくお願いします!

<< 10月15日 9月24日 >>