11月10日

先日の西荻窪でのトーク・イベントで まだ顔に幼さが残る若い方から
「20代のうちに聞いておきたいアルバムは何ですか?」という質問を
頂きました

好みの問題でもありますし 属する時代が違うからなあ〜なんていう気持ちは
当然ながらあったのですが それでもぼくが即答させて頂いたのがジョン・
レノンの『ロックンロール』(75年)でした

というのもジョンの自作がひとつも入っていないジョンのアルバムとして
これ以上彼を感じる作品が他に見受けられないから というのが圧倒的な
理由です ジョンが青年時代に親しんだ50年代のロックンロールばかりを
集め選曲し 自らのヴォーカルで歌い直したこの作品には 思いっきり彼
を感じることが出来るのです

フィル・スペクターのアレンジが野暮ったいなあ もっとリズム・セクション
が際立つミックスをして欲しかったなあ という思いは勿論ぼくにもあります
しかし それでもこの作品が胸を打つのは シャウターとしてのジョンが存分
に味わえるということ以上に これがロックの写し絵となっているからなのです

ありていに言えばカヴァーされた原曲を好奇心とともに辿っていけば きみは
ロックンロールの博士になれるということでもありますが それよりは切実な
響きを「Stand By Me」や「Just Because」に聞き取って欲しいという気持ち
の方が強いのです そして冒頭曲「Be Bop a Lu La」の”ウェ〜ル〜”の恐らく
言葉にならない思い

以心伝心とか温故知新という感情の強い流れを持ったアルバムでもあるでしょう
しかしこの作品を聞く時 何故かぼくは現在のジョンしか見えないのです

ちなみに友部正人はこのアルバムに触発されて自作曲「ロックンロール」を作り
ジョンの歩みを重ね合わせながら自分の辿ってきた旅を歌っています 友部がこ
の曲を東京ローカル・ホンクと再演奏した時 ぼくは運命を感じずにはいられま
せんでした


e0199046_1245887.jpg


1. Be-Bop-A-Lula
2. Stand By Me
3. Medley: Rip It Up/Ready Teddy
4. You Can't Catch Me
5. Ain't That A Shame
6. Do You Wanna Dance
7. Sweet Little Sixteen
8. Slippin' And Slidin'
9. Peggy Sue
10. Medley: Bring It On Home To Me/Send Me Some Lovin’
11. Bony Moronie
12. Ya Ya
13. Just Because
[PR]

by obinborn | 2011-10-27 07:09 | rock'n roll | Comments(4)  

Commented by ミック at 2011-11-11 14:26 x
僕も大好きなアルバムです。
僕が思っている事をきちんと書いてもらってありがとうございます。(笑)
Commented by obinborn at 2011-11-11 17:20
ミックさん、どうも!
この盤も例外なく世間ではリマスターCDなるものが出ているよう
ですが ぼくは当時買ったLP盤に愛着があり 未だにそれを聞い
ています 単なるビンボーなのかもしれませんが(苦笑) オー
ディオメイカーが主導して手を変え品を変えながら延々と同じア
イテムを買わせ続ける態度にはいい加減辟易しています 話が飛
躍してしまいましたが むろん『ロックンロール』は最高のアル
バムですね! 
Commented by NOAH at 2011-11-12 06:02 x
まさに20代の初期
友人の下宿でLPを聞かせてもらいました
STAND BY MEは
僕にとって、ここがオリジナル

そしてここからR&Rの道というか
目印というか、なにかいろんな扉を開いてくれました
久々にCDでじっくり聴きました

やはりいいアルバムです
これぞ僕の大好きなJOHN
Commented by obinborn at 2011-11-12 07:19
noahさん、おはようございます
自分にとってのオリジナル〜というのは良いこと、大事なこと
ですものね

<< 違和感があった 言いたいことが残った 11月9日 >>