EC&Winwood の妄想的セット・リスト

1Had To Cry Today
2 Sea Of Joy
3 Glad ~Freedom Rider
4 Pearley Queen
5 Let It Rain
6 Blues Power
7 (Livin' On The) Tulsa Time
8 Promises
9 Easy Now
10 Slow Down, Sun Down
11 Midland Maniac

12 Key To The Highway
13 Have You Ever Loved Woman?
14 Crossroad
15 Can't Find A Way Home
16 Presence Of The Load
17 Voodoo Chile
18 Dear Mr.Fantasy
* *
e 1 Little Wing
e 2 Low Spark Of Hi- Heeled Boys

(メモ)
かなりワガママを言っています(笑)。一応実際の選曲を参考にしつつ、
音楽的テーマをずばりブルーズと長尺のインプロヴィゼイション演奏の
二つに絞ってみました。冒頭に2曲ブラインド・フェイス時代の曲を並べ
ることで今回の共演をまず祝し、3と4でトラフィックへと遡っていきま
す。とくに4ではECとウィンウッドのギターの対比が際立ちます(デイ
ヴ・メイソン『情念』での同曲のライヴ演奏を参照に)。5~9はクラプト
ンの時間。手垢に塗れた名曲群は遠慮して頂き、『ファースト・ソロ』
及び『バックレス』といったアーシーな芳香が漂うアルバムからの佳曲が
歌われます。対するウィンウッドは10と11で最高の見せ場を。この人
ならではの非凡なリズムのさざ波がくっきりと伝わる2曲だと思います。
そしてやはり二人のキーワードはブルーズでしょう。12〜14でたっぷり
とインプロヴァイズされていくギターを堪能しましょう。15と16で再び
ブラインド・フェイスを意識するような効果を呼び込み、いよいよ終盤の
クライマックスに突入します。17も18も、e1もe2も説明不要ですね。
燃え尽きるような「Little Wing」の余韻を引き継ぎながら最後の最後に
「 Low Spark~」が20分以上に亘って繰り広げられ、この意義深い共演は
幕を下します。以上かなり妄想的なことを書いてきましたが、こんな気持
ちは私だけではないはず。クラプトンという人は優れた共演者がいる時に
こそ燃える。そんなイメージをぼくはずっと抱いてきました。現実のリス
トはたぶんかなり異なるものでしょうが、それでも期待せずにはいられま
せん!

e0199046_18394746.jpg

[PR]

by obinborn | 2011-11-29 18:52 | one day i walk | Comments(0)  

<< 12月1日 11月28日 >>