原発には愛がない

また誤解を生むかもしれませんが あえて書いておこうと思います
左翼系の反原発デモが安易な”感情移入”とともに語られるのであれば
右からの視点の反原発の声にもバランス良く耳を傾けておかなければと
思ったからです 

私はけっして右翼ではありませんが 左翼系のデモが憲法9条や労組や
環境団体とセットになったいわば”呉越同舟”であることを懸念しています
以前テキストに書かせて頂いた違和感の正体もどうやらここら辺にありそう
です

ありていに言えば 立派な職業である警察のことをケーサツなどと揶揄する
人たちや 国防に尽くす自衛隊に関して皮肉的に「自衛隊に入ろう」などと歌う
フォーク歌手たちを 私はどうしても好きになれないのです ことさら”人権”
を振りかざし大きな声を上げる人たちの こうした想像力のなさはあまりにも
傲慢過ぎます

右翼というとどうしても怖いというイメージを抱く人もいるでしょうが
健全な保守思想が戦後の日本を支えてきたということは無視できない事実だ
ということを 私も次第に学んでいきました

新右翼団体の一水会に関してもいろいろ意見は分かれるでしょうが
少なくとも彼らの声を聞いておくべきだと思います




そして反原発に左翼も右翼もありません


[PR]

by obinborn | 2011-12-07 23:56 | rock'n roll | Comments(5)  

Commented by SALLY at 2011-12-07 15:01 x
実は土曜日にNO NUKESで知り合った人とも「右から考える脱原発集会」のことを話していたところでした。動画拝見しましたが、鈴木邦男氏の「反原発に右も左もない」という発言には賛成です。小尾さんの集会やデモに対するアレルギーの原因は理解しているつもりですが、なにぶん私は団塊の世代のふがいなさを目の当たりにしてきた世代ではないので、後で知ることしかできません。もちろん私は小尾さんのおっしゃる「安易な感情移入」で動いているわけではなく、右でも左でもなく、ただ「脱原発」のために人道的に動いているだけです。コメントを書きながら感じていたことですが、小尾さんが「誤解された」と感じられたり、どこか意見がかみ合わないのは「脱原発のためにどうすればよいか」と直接的に考えている自分に対し、小尾さんのお話はおもに原発を取り巻く周囲に目が向けられた意見が主なことに起因する気がします。原発の問題はあらゆる面を考慮せねばならず、本当にやっかいなものだと実感。(続く)
Commented by SALLY at 2011-12-07 15:02 x
(続く)でも、こんな話、小尾さんだからこそできているのであって、職場じゃほぼNGです。そんな悠長な無関心やタブー視のようなことをやっているから、利権ばかりを考えている人々に都合良いようにされてしまう。もっと普通に自分の意見を言える空気であればいいなと思います。今回、コメントさせていただき、小尾さんのシンプルな哲学にはいろいろ考えさせられました。さまざまな人の人権も大切に考えなければと強く思いました。でも今朝の新聞にもあった、大気中のセシウムが製造中に粉ミルクに混入し、それを消費者が見つけてメーカーに伝えて明るみに出、大人基準のベクレルに達しないから「ただちに健康に被害はない」と報道されるこの事態をどう思われますか。子どもがいる、いない人にかかわらず、私たちは「この場所を子孫に間借りして生きているだけの存在」。当たり前ですが、汚したら、きれいにして次へ渡したいと本当に思う。これってきれいごとに聞こえますか?http://www.youtube.com/watch?v=ENBV0oUjvs0&feature=youtu.be
Commented by obinborn at 2011-12-07 17:44
SALLYさん、前回に続いてご意見ありがとうございます。本当に「ただちに健康
に被害はない」なんて、政治家の「大変遺憾に存じます」と同様に何も言ってい
ないのと同じ無責任さを感じてなりません。こうした現状を踏まえると、私も多
少の左翼アレルギーには目を瞑って、もっとシンプルにデモに参加してみようか
なとも思ったりもします。実際、デモがまったく行われないような管理社会にな
ってしまったら不気味だという認識もあります。多くの人々が原発への問題意識
を持ちつつ、明日の学校、明日の職場、明日の生活ということを考えた場合、身
動きが取れないのが(私を含めての)現状だと思いますが、それではより大きな
ものを失うというそんなギリギリの局面に差し掛かっているのでしょう。左翼の
ふがいなさの受け皿として新右翼が機能している側面に関しては冷静に認識して
いますが、本当に反原発に左も右もありませんよね。(続く)
Commented by obinborn at 2011-12-07 18:05
(続く)あとこれは付随的なことですが、私の左翼アレルギーに少々説明させて
頂くと、中学の時にテレビで見た浅間山荘事件が決定的でした。美辞麗句を並
べたり、理論武装をするだけの人たちも大嫌いです。そうした過去の反省から
私は普通とは何か?ということを考えていったのです。当然”普通”の暮らしを
享受するには国防のことも考えずにはいられません。最後に脱線してしまい申し
訳ありませんが、私の左翼アレルギーの一端をこれでお解り頂ければと思い、あ
えて最後に記してみました。何故なら人は理論で動く生き物ではないからです。
また何かありましたら、遠慮なく書き込みをお願い致します。
Commented by SALLY at 2011-12-07 19:21 x
突然おじゃまして(突然しかないけれど)おもしろくない話ばかり書いて失礼いたしました。でも、こんな勝手な書き殴りにも小尾さんは真摯に答えてくださった。すごくうれしいです。やっぱり小尾さんは小尾さんだ。もしも、もしもどこかのデモ(この言葉は嫌なので私はパレードと言ってます)でお顔を見かけたりしたら、抱きつくかもしれません(笑)。
脱原発に向けて素朴な疑問と切実な気持ちで取り組んできた(学生運動を知らない)私たちも世間のあまりの無関心さにちょっと疲弊してきています。まったく興味を持たない人も面白そうと思ってもらえるよう楽しくやってきたつもりでいたのですが…。でも、やらないまま、知らないまま原発に荷担するよりはずっといい。できる限り私は続けていきます。
本当はこんなカタイ人間ではないんですよ。「ベアズヴィルの録音ってなんでこんなカタイんですかね?」なんて話をしながら、呑みたいものです。本当にありがとうございました。

<< 12月8日 フライング・ダッチマン >>