12月22日

その頃、俺が多くの時間とエネルギーを注いできたあのヒッピーっていう奴は、
すっかり古くさくナンセンスなものになっていたんだ。俺はそれが崩れていく
様をずっと見てきたと思う。そして頭の中で突然ひらめいたのは、こんな場面
さ。どこかの年老いたヒッピーの独白っていう設定でね。「今すべてが変わろ
うとしている。きみは笑うかもしれないが、だからと言って平和と愛の一体ど
こがそんなにおかしいんだい?」というリリックを書いた。すごい歌詞を作っ
たなと思ったよ。このフレーズがフックになればあとの歌詞はまあ埋め草のよ
うなものだし、ちょっぴり皮肉を込めてジュディ・シルの「Jesus Was Cross
Maker」からも頂戴したよ。もちろん平和と愛は基本的にはいいことだと思う
よ。でもね、俺の立場で言わせてもらえるなら、ある日夢は終わり、バンドも
解散寸前で、俺はまさにこの場所に一人で立っていた。何かに気がつかなけれ
ばいけなかったのさ。だからこの「平和と愛と理解のどこがおかしいんだい?」
は目覚めのための歌だったのさ。(ニック・ロウ)

e0199046_20432354.jpg

[PR]

by obinborn | 2011-12-22 20:45 | rock'n roll | Comments(0)  

<< 12月23日 嬉しいなあ〜 >>