2月1日

昨日に続いてNRBQ『Live From Mountain Stage』のライナーを執筆中。

思えば彼らの存在がぐっと身近になったのは96年の4月に初来日してから
のことだった。その際手応えを感じた彼らは以降頻繁に来日し、ぼくら日本
のファンと交信を深めていったのだった。

どんな時代でもメインストリーム(主流)というものは必ずあり、そこから
少しばかり離れたところに魅力ある音楽が存在する。それを中央と周縁に喩
えることもあながち間違ってはいないだろう。だからそれに気が付いたファン
はこのうえなく幸せだ。

その形容を好むと好まざるとも Qはやはり”永遠のバー・バンド”だったの
だと強く思う。やや抽象的な言い方をすれば、彼らは音楽を愛し過ぎていた
が故に表シーンへと乗ることはなかったし、逆に言えばそのことで守られた
ものがきちんと伝わってくるバンドだった。メンバーの交代は幾つかあった
ものの、69年のデビュー以来およそ40年ワン・ナイト・スタンドのライヴを
彼らはやり遂げてきた。そこに混ざっているタフさとユーモアがぼくは好き
だった。

自分がどういう音楽が好きかくらいは、窓を拭くようにいつもはっきりさせて
おきたい。
そう思う時、Qはまるで写し絵のようにいつもそこにいる。

e0199046_15402761.jpg


80年リリースの8作め。広大なスタジアムを映し出した『At Yankiee Studiam』
(78年)の皮肉よりは、『小さなウィンク』というアルバム表題や、”まあ、こ
んなものさ!”とでも言いたげなジャケットが、遥かに好ましく彼らの自尊心を
伝えている。
[PR]

by obinborn | 2012-02-01 15:52 | rock'n roll | Comments(2)  

Commented by sally at 2012-02-02 10:11 x
nrbq、大好きなバンドでした。目を閉じると初来日のライブで見たトム・アルドリーノの無邪気な笑顔が浮かんできます。カジュアルなのに時々その完成度にハッとさせるコンバースのような、アメリカの文化の奥深さというか。音楽と一緒に生活してる感じが好きでした。やっぱり過去形はさびしいですね。
Commented by obinborn at 2012-02-02 12:18
テリー率いる新生Qが結成されたとはいえ、ジョーイやトムが居てこそ、、、という思いを抱くファンはやはり多いでしょうね。ぼくも幾多の来日公演が忘れられない思い出です。

<< 2月2日 1月30日 >>