3月6日その2

ライヴに行って面白いことのひとつが、たまに久し振りの人と遭遇する
ことです。先日の青山陽一the BM'sの沼袋オルガン・ジャズ倶楽部では
山内くんと再会しました。一瞬互いに「どうしてお前が青山さんたちの
ライヴに来ているんだ?、このブギ・ロック野郎が!」という顔になり
固まったのですが、勿論そんなことは口にしませんでした。しかし開演
まえに出るのはステイタス・クォやらJ.ガイルズ・バンドやらのハナシ
ばかりで、周りのお客さんたちにはご迷惑をお掛けしたかもしれないで
す。でも彼はわざわざ茅ヶ崎から沼袋まで来たのですから、どうか許し
てあげてくださいね。

山内くんとぼくに共通点があるとすれば、好きな音楽を時流に関係なく
楽しんでいることかもしれません。互いにパブ・ロックが大好きという
共通分母はあるのですが、八方美人にならず自分が本当に好きな音楽を
どんどん掘り下げて聞いていこう!というスピリットこそを、パブ・ロック
から受け継いでいるのかもしれません。そして彼の場合は陽性の匂いかな。

そういえば音楽周辺の芸能的な話題よりも、”音楽それ自体”が好きという
ことも山内くんとぼくの共通点です。彼もぼくも今年のグラミー・アワ
ードを誰が取ったとか、アリーサ・フランクリンが高齢で再婚したとか、
そういうことには殆ど関心が向きません。そんなテンポラリーな話題に
無駄な時間を費やすよりは、コーネル・デュプリーのギターは最高!とか
ジョン・リーのフレーズはエグイよなあ〜とか会話しているほうがずっと
楽しいに決まっています。こればかりはその人が放つ方向性であり、ある
種の選択だと思っています。ホント微妙だけど大事なことだよね!

e0199046_191628100.jpg

(高円寺・選択船でDJをする山内くん)
[PR]

by obinborn | 2012-03-06 19:27 | one day i walk | Comments(0)  

<< ボブ・ディラン『Oh Mercy』 3月5日 >>