3月31日

しかし昨夜は生まれて初めて九品仏の駅に降り立ったのだった。

e0199046_17362968.jpg

(九品仏にあるお寺。立派だった)

同じ東京とはいえ、私が普段のらりくらりしている江古田〜池袋あたりが
城北で、あっちは城南地区。生活圏としてはまったく違うといって構わない
だろう。こっちが埼玉エリアに路線がアクセスするなら、向こうのお隣は
品川や大井町を睨みつつ、伸びる先は神奈川なのだった。

ちなみに私の世代のギター・ヒーローとしては野方の森園勝敏、戸越銀座の
チャーが城北・城南の両横綱。港区のボンボンだったはっぴいえんどと京浜
地区のはちみつぱいの好対照、それを斜に構えて見ていた三多摩地区のRC
といった勢力図も、70年代の前半には確実にあったように思える。

ところでシカゴのブルーズ・シーンはどうだったのだろう。
よく語られるのは50年代サウスサイドの活況だ。

さしずめリトル・ウォルターなどサウスサイドの大関といったところ(マディ
が横綱だから)。
ヴォーカルはアヴェレージかもしれないが、ブルーズ・ハープのスウィング感
が尋常ではない。加えてロバート・Jr.ロックウッドのジャズ的なコード崩しギ
ターの妙味もあれば、ディクソン=ビロウのリズム隊は鉄壁と、まさにサウス
サイドの風を切るが如し!

せいぜい私は今日も江古田の町を歩くことにしよう。

e0199046_1854777.jpg

(Pヴァインがチェスの権利を獲得したことはブルーズ・ファンにとって朗報
だった。事実ヴァインはブルーズからソウルまでの膨大なチェス・カタログを
続々とリイシュー。写真は85年にリリースされた日本独自編集のウォルター
第二集の二枚組LPであり、古典的名盤『Best Of~』とともに愛された。レコ
ーディング・セッションの模様を生々しく伝える終盤の楽屋裏的テイクも大変
ありがたかった)
[PR]

by obinborn | 2012-03-31 18:25 | blues with me | Comments(0)  

<< 4月7日 3月30日 >>