ガーランド、ハートランドその4

いつしか目のまえに現れたお前に
俺は一目惚れ
ニューヨークを歩くお前の笑み スタイル 身のこなし
まるで街中に花を咲かせるみたいな彼女に
俺は夢中になった

パリからやってきたクリスティーン
もう俺はメロメロさ
彼女は安物の金メッキなんかじゃない
俺もどこかの気取り屋ではない
本当の男になったような気がしたぜ
そうして俺らは愛し合ったんだ

クリスティーン、愛しのクリスティーン

ところがある日 彼女は言う
「もうパリに帰らなきゃ」
俺はそんなことはしないでくれと懇願した
すると彼女はこう言った
「ねえ、私にはもう一人ボーイフレンドがいるの」

今更そんなことを言うなんて
残酷過ぎるよ
クリスティーン、愛するクリスティーン

(ガーランド・ジェフリーズ「クリスティーン」1981年)


[PR]

by obinborn | 2012-07-11 19:47 | rock'n roll | Comments(0)  

<< ガーランド、ハートランドその5 ガーランド、ハートランドその3 >>