ガーランド、ハートランドその7

ヴィクトル・ユーゴのお通りだ
俺はいつも彼と歩いている
パリの通りを歩こう 宝石のことを話そう
まるで我が故郷に帰ったみたいな気分さ

レ・ミザブルは確かに愛読書だけど
今の俺にはシリアス過ぎる
いや別に怠惰なわけじゃないんだが 
気分にはそぐわない

ジャンプ ジャンプ
愛すべきロックンロール・ランボーのために
ジャンプ ジャンプ
詩人と詩のために
ジャンプ ジャンプ
ミロのヴィーナスのために

ヴァン・ゴッホの亡霊もやってきたぜ
俺の行くところすべてにくっついてくる
ノートル・ダムの寺院を通り抜けながら
この長い歴史のなかで俺はちっぽけな存在さ

美術館がここにもまたあるけれど
俺らが見るにはあまりにも開催期間が短い
モネにセザンヌ どれも俺は好きだけど

(ガーランド・ジェフリーズ「ジャンプ・ジャンプ」For ジョン・レノン
1981年)


[PR]

by obinborn | 2012-07-12 00:27 | rock'n roll | Comments(0)  

<< さようなら、松永さん ガーランド、ハートランドその6 >>