Talk To Me,Talk To Me

みなさんこんばんは。土曜の夕べ、いかがお過ごしでしょうか。
実はさっきまで、このfacebookのためにダグ・サームに関する
長いテキストを書いていたのですが、悲しいかな、何故か一瞬
のうちに消え去ってしまいました。

あまりのショックに再び同じ気持ちにはなれないのですが、ダ
グは勿論大好きな音楽家です。彼やサー・ダグラス・クィンテ
ットの音楽自体が素晴らしいということに加え、彼の血となり
肉となったカントリー、ブルーズ、R&B、あるいはテックス・
メックスや南ルイジアナの音楽を知る機会も与えてくれました。

思えばぼくがダグを知ったのは、久保田麻琴と夕焼け楽団やオ
レンジ・カウンティ・ブラザーズを通してのこと。初めて買っ
たアルバムはあの有名な『Doug Sahm&Band』(73年)でし
た。

e0199046_22113427.jpg

(90年の5月には待望のジャパン・ツアーが実現!写真は青山
CAYで貰ったサイン。時計回りにジョージ・レインズ、ジャック・
バーバーそしてダグ。彼はテレキャスターをレンタルで済ませる
代わりにバットとグローヴを持って来日したのだった)

そんな彼が89年にリリースした『Juke Box Music』は、いわ
ば彼の温故知新アルバムだと思います。ジョニー・アダムズ
からサニー&ザ・サンライナーズに至るガルフ・コースト・
ミュージックへの想い、あるいは彼の英雄だったギター・ス
リムやボビー”ブルー”ブランドへの愛情。そうした気持ちが
たっぷりと詰め込まれた素晴らしいカヴァー・アルバムです。

そうそう、ダグ・サーム及び周辺の音楽を特集するDJを来月
にします。11月17日(土)18時半から@狭山のfellow'sに
て。狭山は遠いなあ〜と思っている方もいらっしゃるでしょ
うが、西武新宿から急行に乗ればわずか50分足らずで着いて
しまいます(笑)。

ダグの13回忌を楽しく、ときにしみじみと過ごす夕べです。
ぜひぜひ!^0^

e0199046_205511100.jpg

(原盤は米antone's それを英aceがライセンス契約したのが
違うジャケットのこのLP。こちらの構図も味わい深い)
[PR]

by obinborn | 2012-10-13 20:56 | rock'n roll | Comments(0)  

<< 31歳の肖像 Hit,Grit and Gift! >>