May I Stay Around?

今なおかけがえのない歌の数々を、成熟した味
わいとともに届けてくれるリヴィングストン・
テイラー。午後の陽射しにまどろむように、何
気ない日々に価値を見出そうとする彼の音楽は、
今日も普通の人々の背中を後押しする。

そんなリヴが今からもう40年以上まえに作った
のが『Liv』(71年)だ。まだまだぎこちない
声とともにこの若者は、青年らしい自己懐疑を、
ガールフレンドへの問いを、そして誓いの感情
を歌う。

何ひとつ曇りのない視界。注がれる先々がまっ
すぐな歌。諍いをした女ともだちに彼は翌朝こ
う語りかける。「きみの町にいてもいいかな?
〜May I Stay Around? 」と、俯き加減に。

e0199046_1859362.jpg


*『レコード・コレクターズ』誌の2010年3
月号シンガー・ソングライター特集への寄稿
を元にしています。あらかじめご了承くださ
い(facebookとも同期しています)。
[PR]

by obinborn | 2012-10-14 19:05 | one day i walk | Comments(0)  

<< 虹のような人、佐野元春へ ローリング・ストーンズという家族 >>