Stories We Could Tell

 先月に神宮前で開催された中尾紀久子の
個展にはオレンジ・カウンティ・ブラザー
ズの面々をはじめ、多くの関係者やファン
が駆けつけたようだ。その様子は以前ブロ
グに記したのでここでは繰り返さないが、
きっと数々の再会や交歓に満たされたこと
だろう。ぼくも何とか最終日の夕方に駆け
付けることが出来た。

e0199046_1223256.jpg

(ファースト・アルバムとオブジェ。そこには
ARMADILLO 1976 KIKKOと彫られている)

 ひとつのグループの音楽をトータルに言
い表す時、アルバムのジャケットもまた重
要な役割を果たすことは言うまでもあるま
い。だいたいちょっと振り返ってみても、
『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』
といい『デジャ・ヴ』といい、あのジャケ
ットと切り離してザ・バンドやCSN&Yを
語ることは、少なくともぼくには出来そう
にない。CDの時代になってデザイナーやイ
ラストレイターの方々が口々にこぼすのは、
縮小されたサイズに変換しなければならな
い寂しさだったりする。

 70年代の後半に4枚のアルバムを残した
オレンジが、すべて中尾紀久子によるイラ
ストレーションとデザインで統一されてい
たのは、バンドにとっても、ファンにとっ
てもきっと幸福なことだったに違いない。
アメリカ南部のイメージというか、もう少
し具体的に言うと、テキサスやメキシコそ
してルイジアナ一帯の匂いを、そのジャケ
ットは憧れとともに上手く言い当てていた。
ファースト・アルバムで登場したアルマジ
ロ、セカンドで仄めかされた飯田雄一の肖
像、サードでのコズミックな空間と交信す
る再度のアルマジロ、そして優れたスタジ
オ・ライヴを記録した最終作にしても、ラ
イヴ作にありがちなステージ写真ではなく、
デザート地帯を遠景に置きながら微笑むサ
ボテン君なのだった。このデフォルメされ
た陽気な”彼”もまた、実によくオレンジ
の音楽を言い含めていたと思う。

e0199046_12505025.jpg


 会場では原画は勿論のこと、中尾さんが
近年情熱を傾けられている幾つかの陶芸作
品もさりげなく置かれ、ぼくたちを楽しま
せてくれたが、今日はそのなかで販売がさ
れていたアルマジロとコーヒー・カップの
写真を載せておこう。音楽と絵画との幸福
な関係。それを築くのは双方の思いに他な
らない。そんな空気をたっぷり吸い込みな
がら会場を後にしたぼくも、いつしか幸せ
な気持ちになっていた。

e0199046_1224787.jpg

(こちらも会場で販売されていたコーヒー・
カップ。サボテン印が光っている)
[PR]

by obinborn | 2012-10-21 12:57 | rock'n roll | Comments(0)  

<< ニコレッタ、26歳。 cruel to be kind >>