2012年10月24日

今日は秋晴れ。とくにどうってことがない一日
だったけれど、こうして平穏な日々を過ごせる
こと自体が、近頃は以前にも増して愛おしく思
えてきた。

大きな津波があった。巨大な地震を体験した。
多くの人々の心に何らかの軋みが生じた。そん
な震災と無理矢理関連付けるわけではないけれ
ど、昨日まで過ごした家が波に呑み込まれてい
くのはどんな気がするのだろう。つい昨日まで
家族と囲っていた食卓にもう二度と戻れないこ
とは一体どんな気持ちなのだろう。

きっと他ならないぼく自身が、一生の折り返し
地点をとっくに過ぎていることとも繋がってい
る思いに違いない。当たり前のことかもしれな
いが、今日つまり2012年の10月24日という一
日はもう二度と訪れたりはしない。そんなこと
を思えば思うほど、一枚のレコードやCDをより
丁寧に聞かなければな、と感じる。

サルトルのあまりに有名なテーゼに「飢えた子
供たちのまえで文学は有効だろうか」というも
のがある。そんな意味で言えば音楽もまた弱い
ものに過ぎない。米やパンのようにお腹を満た
すことは出来ないし、波にさらわれた家々を連
れ戻してくれるわけでもないから。

とある知り合いのミュージシャンが震災後にこ
んなことを呟いていたのが忘れられない。その
人はこう言ったのだ。「それでも演奏をしてい
ると気持ちが次第にほぐれてきます」

もっともらしいステイトメントでもなく、空疎
な主張でもなく、ぼくはそれを音楽家らしい素
直な感想として受け止めることが出来た。少な
くともそこには作為とか大言壮語とかは一切な
かった。そのことがぼくを温かい気持ちにさせ
てくれた。

長くなった。さっきまでほのかに茜色に染まっ
ていた秋の空は、もうすぐ暮れようとしている。

e0199046_13174194.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-10-24 18:34 | one day i walk | Comments(0)  

<< Joujouka Ooh La La >>