Who Will The Next Fool Be?

 さっきバイト帰りに近所のブックオフで購入した
CDが、ボビー・ブランドの『The Anthology 1952~1
982』。同趣向のCDや昔のLPは持っているし、曲目
も勿論ダブってしまうんだけど、安く見かけるとつ
い買ってしまうんだなあ、これが(笑)

昨日のダグ・サームの話じゃないけど、ブランドも
また若き日のダグに大きな影響を与えたテキサス・
ブルーズ〜R&Bの大物中の大物だ。その濃ゆ〜い感
じを若い頃のぼくは何故か敬遠していたのだが、次
第に年齢とともに良さが染みてきた。何と言っても
リチャード・マニュエルが全身全霊を込めた「Share
Your Love」がブランドに取り組むきっかけを作っ
てくれたし、ヴァン・モリソンも「Ain't Nothing Y
ou Can Do」を歌っていた。グレッグ・オールマン
も「Jelly,Jelly」を歌っていた。黒人音楽に憧れたあ
る世代以上のロック歌手は、みんなこんな風にブラ
ンドやレイ・チャールズの痕跡を感じさせているの
が面白いよね。

ダグも”どマイナー”・ブルーズの名曲「I 'll Take
Care Of You」や恥ずかしくなるくらいの定番曲
「Farther Up On The Road」をカヴァーしているけ
れど、語尾の伸ばし方やコブシ回しなど歌い方それ
自体にもブランドや彼のレーベル・メイトだったジュ
ニア・パーカーの痕跡をすごく感じてしまう。第一
ブランドの名パートナーだったウェイン・ベネット
はダグのレコーディングに駆り出されたこともある
ギタリストだし、あの重厚なホーン・セクション(
いわゆるデューク・ピーコック・サウンド)を再現
するほどの入れ込みようだった。

つまり、こういう謎解き話も17日のDJイベント”Sir
Doug Special”では実際に音を聞きながら楽しめる
という塩梅でして、今回もまた広報活動の一環と相
成りましたとさ(笑)

e0199046_13481395.jpg

*かの有名なストマンこと「Stormy Monday Blues」では
ベネット氏のギターがとくに味わい深い。オールマンの
フィルモアはT.ボーンのヴァージョンではなく、こちら
に影響を受けていると思われます。
[PR]

by obinborn | 2012-11-07 13:49 | blues with me | Comments(0)  

<< 正月はこんなにきれいだったのに。 DJのお知らせ >>