11月21日

深まる秋。さっき江古田の森を歩いてきた。風光明媚
で空気がきれいだったということで、この場所はかつ
て結核療養所が建てられていた。今や結核自体が少な
くなってきたこともあり、現在は中野区の福祉センタ
ーへとすっかり様変わりした。

ちょうど練馬と中野の境にあたる地域だが、ぼくが20
代前半に初めて一人暮らしを始めたアパートもこの近
くにあった。あれから数十年。変わったものや変わら
ないことをふと考える午前11時。

e0199046_1232484.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-11-21 12:03 | one day i walk | Comments(0)  

<< 流跡 秘めやかな英雄の物語 >>