イアン・デューリーの置き手紙

シリアスな時代だからといって青筋立てて深刻ぶった歌ばかり歌うというのはどうかな?振り返ってみれば、ザッパも牛心隊長もイアン・デューリーも彼らの音楽には毒とともにユーモアがあった。それと同じ匂いをオレはハル宮沢の歌に感じるのさ。奴は不真面目なことをとても一生懸命にやっているからね!

e0199046_138438.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-11-30 13:10 | rock'n roll | Comments(0)  

<< 63歳の肖像 冬の日のオーティス >>