Souvenirs〜フラッシュさんでの捕獲日誌

Souvenirsといえばダン・フォーゲルバーグの
74年作を思い起こす方がいらっしゃるかもし
れない。少なくともぼくは「お土産」のこと
を英語ではこういい表すのだな、とダンのア
ルバム表題で初めて知った。というわけで先
日フラッシュさんで久々にまとめ買いしたレ
コードの捕獲日誌です。

e0199046_15524168.jpg


(Long Playing)

◎The Beatles/Introducing(Vee Jay
SR1062)

◎Champion Jack Dupree/Blues From The G
utter(Atlantic SD8019)

(7's)

◎Lonnie Mack/Memphis(Fraternity)
◎ 同/Nashville (同)
◎Joe Hinton/Funny(Backbeat)
◎Ben E King /Spanish Harlem(Atco)
◎Clyde Mcphatter/A Lover's Question
(Atlantic)
◎Chuck Willis/C.C.Rider(Atlantic)
◎Joe Tex/You Better Believe It (Dial)
◎James Brown/There Was A Time(King)
◎ 同/Licking Stick-Licking Stick Part 1
(King)
◎Jimmy McCracklin/Think(Imperial)
◎Shirley Ellis/The Clapping Song(Congress)
◎Dyke&The Blazers/So Sharp(Original Sound)
◎Phil Philips/Sea Of Love(Mercury)
◎Chi-Lites/Have You Seen Her(Brunswick)
◎Tyrone Davis/Turning Point(Daker)
◎Marvin Gaye/Wherever I Lay My Hat(That's
My Home) (Tamla)
◎Timmy Thomas/Why Can't We Live Together?
(Glades)
◎Steve Alaimo/Every Day I Have To Cry(Checker)
◎Freddie Cannon/Way Down Younder In New Orle
ans(Swan)
◎Buster Brown/Fannie Mae(Fire)
◎Jesse Winchester/Yankee Lady b/w That's The
Touch I Like (Amrex)

まずビートルズのVee Jay盤は米配給がキャピトル
に移行する直前のレアなもの。デビュー・アルバム
の3曲めがアーサー・アレクサンダー「Anna」で
あったという圧倒的な事実に改めて感動した。デ
ュプリーのアトランティック盤はかつての日本盤
に寄せられた日暮泰文氏のライナーノーツも心に残
る素晴らしさ(故に売り払おうなんて気にはなれま
せんなあ)。

シングルは計21枚と大判振る舞いしてしまった。
件のアーサー・アレクサンダーの話に戻せばスティ
ーブ・アライモの「Every Day I Have To Cry」は
アーサー93年の遺作でのヴァージョンも美しい彼
の自作。今までちゃんと聞いていなかったジョー・
ヒントンを気にしたのは、エル・テッチ氏がご自身
のブログで触れられていたから。何でもダグ・サー
ムのフェイヴァリット・シンガーの一人とか。
ベン・Eの「Spanish Harlem」は「アスファルトの
裂け目にも薔薇は咲く」(すべては必ず生まれ変わ
るというメタファー)というリリックに涙したい。

チャック・ウィリスのことはぼくの場合ザ・バンド
で知った。クライド・マクファターはあまり聞くこ
とがなかったけれど、英パブ・シーンの救世主であ
るジェイムズ・ハンターが「A Lover's Question」
をカヴァーしていたね。ロバート・プラントのハニ
ードリッパーズで知ったフィル・フィリップス「S
ea Of Love」はルイジアナ・スワンプ・ポップの
コンピレーションにはよく組み込まれる名曲。

音の迫力に圧倒されたのがJB!「Licking~」の印
象的なベース・ランがティム・ドラモンドによる
ものだということを、ぼくはクリフ・ホワイト氏
に教わった。ダイク&ザ・ブレイザーズ「So Shar
p」はJ.ガイルズ・バンドがナイスなカヴァーをし
ていましたね。今回一番嬉しかったのがバスター
・ブラウンのFire盤と、ジェシ・ウィンチェスター
のAmpexレーベル盤。「That's~」でしなるよう
な素晴らしいドラムを叩いているのは、むろん今
は亡きレヴォン・ヘルムだ。

今年の買い納めはこれで終わりかな。年明けくら
いまでこれでゆっくり楽しみたいです。今日も
こうしてレコードを聞けることに感謝! リスペク
ト・ユアセルフ!わあ〜、何のこっちゃ(笑)
[PR]

by obinborn | 2012-12-12 16:00 | one day i walk | Comments(0)  

<< ユウさん、こちらこそありがとう... Creole Coffeeが開... >>