ラファイエットの夜

ヨシタケさんのお店「Creole Coffee Stand」
で久し振りに聞いたのが、リトル・ボブのア
ルバム『Nobody But You』。ルイジアナは
アーンドヴィルに生まれたこのスワンプ・ポ
ップ・シンガーの持ち味は、やはりルーラル
な持ち味のR&Bやバラードといったところ。
録音はたぶん60年代前半だと思う。LPのライ
ナーノーツには「リトル・ボブと彼のバンド
のロリポップスは、ラファイエットのルーフ
・ガーデンに出演しました」なんていう記載
もある。

とくにロス・ロボスのカヴァーで知られるこ
とになった「I Got Loaded」のオリジナル・
シンガーとしてリトル・ボブに興味を抱いた
人がいるかもしれない。逆にボブのカヴァー
ナンバーとしてはテンプテーションズの大定
番「My Girl」やジェイムズ・ブラウン「Out
Of Sight」なども収録したアルバムなのだが、
ブラウンズ・ファンクにしたところで、何と
もゆる〜い仕上がりで、チープなオルガンが
かすかに背後を漂うあたりがたまらない。ノ
ーザン・ソウル風味の「With These Hands」
や、ボビー”ブルー”ブランドの名唱で知られ
る「Cry Cry Cry」もボブ版はのどかさが先
に立つ。

ボビー・チャールズはルイジアナのアヴァヴ
ィル生まれで、ハイスクール時代はウォーレ
ン・ストームと同級生だったらしいが、果た
してボビーはこのリトル・ボブ(本名はカミ
ール・ボブ)とは接点があったのだろうか?

そんなことに想像を巡らせつつ聞き直すのも
楽しいですね。ぼくもさっき久し振りにレコ
ード棚から抜き出してきました。

e0199046_1720698.jpg

[PR]

by obinborn | 2012-12-17 17:22 | one day i walk | Comments(0)  

<< Hope I'm Ar... Songs To Remember >>