愛しのボビー

ボビー・チャールズが2010年の1月14日に
亡くなってから早くも3年近くが経つけれど、
奇しくも本日、彼の60年代のシングル盤を入
手することが出来た。

その盤とは「You Made Me Love You b/w
Big Boy Cry」(Hub-City 715)。クレジッ
トによれば録音はラ・ルイジアナ・カンパニ
ーによるもので、それをハブ・シティが配給
したものらしい。

この時代のボビーの録音はかつて80年代にP
ヴァインがコンパイルした『Hark Back To
The 60's』(写真)で馴染みの方も少なくな
いだろう。ジュエル/ポーラ、ハブシティなど
に彼が吹き込んだシングルを集めたもので、
現在であれば英シークエルのCD『Walking To
New Orleans』が、曲数も増えた最適のアル
バム(国内配給盤は拙者がライナーを担当さ
せて頂いた)かなと思う。

件のシングル2曲はいずれもホンワカとユル〜
イ情感が溢れるボビーらしいもの。チェス・
レーベルからデビューした彼の次なるステッ
プとして、やはりこれは聞いておきたい。

というわけで遥か彼方からボビー・チャールズ
のレコードが東長崎のCreole Coffee Standに
やって来たことに胸をときめかせた土曜の朝
10時だったとさ。

e0199046_12472636.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-01-05 12:48 | one day i walk | Comments(0)  

<< 暮らしの足跡、一歩先 Walls And Bridges >>