趣味と時代の葛藤:ロバート・パーマーについて

以前にもツィッターでお知らせしたようにロバート・
パーマー『プレッシャー・ドロップ』(75年英island)
のライナーノーツを書かせて頂いた。そのCDが1月27
日に芽瑠璃堂・クリンクから発売された。

パーマーにとってセカンド・ソロ・アルバムとなる本作
は、74年の前作『スニーキン・サリー・スルー・ジ・ア
レイ』同様、ニューオーリンズ・ファンクネスへの情熱
に満ち溢れたものだ。メンバーの交代と補強を経て最盛
期の布陣となったリトル・フィートを迎えつつ、アラン
・トゥーサンの「リヴァーボート」やローウェル・ジ
ョージの「トラブル」を歌うのだから、まさに英国人に
よるアメリカ南部探訪といった色合いは前作と同じくら
い感じられる。さらにアルバムの表題となったのがトゥ
ーツ&ザ・メイタルズのレゲエ曲なのだから、ニューオ
ーリンズからさらにカリブ海を見渡していくような印象
さえ受ける。

ただ同時に面白いなと思うのは、一方で「バック・イン
・マイ・アームズ」に代表されるアーバン・ソウルへの
アプローチをしていること。しかもそうしたトラックで
はジェイムズ・ジェマーソンにエド・グリーンというモ
ータウン縁のリズム隊を配するという徹底ぶり。こうし
た都会派ソウル・ナンバーと、リトル・フィートが合流
したダウン・トゥ・アースな曲群とのコントラストが、
どこまでも鮮やかにパーマーの混濁を映し出す。

パーマーは76年の次作『サム・ピープル・キャン・ドゥ
・ホワット・ゼイ・ライク』でも似た方向性を示したが、
以降はAOR路線を極めつつ、剥き出しのハード・ロック
やテクノへと軌道修正する。その姿もまた音楽シーンの
趨勢を敏感に捉えている(もしくは単に流されている?)
ようで興味深いのだが、ひとつだけ確実に言えるのは、
たとえどんなサウンドを纏っていたとしても、パーマー
は生涯を通してリズミカルな好奇心を失わなかったこと。
それに尽きるだろう。

ソウル音楽の原理主義者から疎まれるのもそこら辺に理
由があるのだろうし、ヴァン・モリソンのような頑固な
タイプともまた違う。しいて言えば奇しくも同じアイラ
ンドのレーベル・メイトでもあったスティーヴ・ウィン
ウッドの歩みにも似ているとは言えないだろうか。

そこら辺のニュアンスのことも、パーマーの背景となっ
た時代のことも、ライナーノーツでたっぷりと書かせて
頂いた。もし興味を持たれたらぜひともご購入ください。

e0199046_18212165.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-01-31 18:24 | one day i walk | Comments(2)  

Commented by noah at 2013-01-31 22:19 x
このところ。アラントゥーサン〜の流れでこの辺の時期のパーマーにたどり着きました。そうこうしているうちに80年代のパワーステーションも懐かしく聞いたりして、まさにどんぴしゃのCDが登場で楽しみです。

このあたりからパーマーをいろいろ聞いてみたいです。
Commented by obinborn at 2013-01-31 23:05
ロバート・パーマーは初期3部作はもちろん大好きなのですが、それ以降
もなかなか興味深いですね。生涯を通して”リズム道楽”なところや茶目っ気がある愛すべき人でした。

<< Soul Shots ! my favorite things >>