大いなる勝利

どこまでも奔放なロックだった。ハル宮沢率いるコスモポリ
タン・カウボーイズはフィドルやバンジョーをフューチャー
するなど表向きはカントリー音楽を標榜しているのだが、そ
れが騙し絵だと気が付くまでにそう時間はかからないだろう。

そんな彼らのライヴを24日は東中野のAjaにて。リフの進陟
やソロ・パートに於ける激しいインプロヴァイズド・プレイ
など、メンバー同志事前の打ち合わせは一切ないというスリ
リングな展開に息を呑んだ。そして最後にはリーダーである
ハル宮沢の果てしないロック心に思いを寄せずにはいられな
いのだった。

もう少し具体的に言えば多田葉子のアルト・サキソフォーン
(ときにクラリネット)、宮沢のトレモロアームを駆使した
ストラトキャスター、パパふんじゃらの電気ヴァイオリンと
、フロントにいる三者のリード演奏が重なり合い、ほぐれつ
つ熱を孕んでいくプレイは、サイケデリック・ロックそのも
のであり、一番いい時のホット・ツナやフェアポート・コン
べンションを思い起こさせるほど。

けっして器用とは言えない宮沢のヴォーカルがまたいい。こ
の男の極めてナイーブな心情が「The Water Is Wide」から
「見張塔からずっと」(All Arong The Watchtower)まで、
果てしなく21曲、ノンストップで続いていった。

e0199046_10154180.jpg


昨夜感動的なライヴ・パフォーマンスを繰り広げたカウボーイ
ズだが、今日はここでハル宮沢氏のエフェクター・ボードをご
紹介しよう。彼ならではのサウンドを担うのはやはりラットだ
ろうか。しかもラットに関しては2種を組み合わせるという念
の入れようだ。ここぞ!という時に踏み込むクライベイビーも
むろんハルさんの”秘密兵器”として欠かせまい。

これらをトレモロ・アームを装着したストラトキャスターで鳴
らすのが彼の基本的なスタイルといっていいだろう。また最近
は見かけなくなった巻き形のシールドを使用するなどのこだわ
りも。ちなみに左上にあるのは「日の丸ではありません!」と
のこと(笑)

e0199046_10173658.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-02-26 10:16 | rock'n roll | Comments(0)  

<< やはりフラッシュは最高のレコー... 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド... >>