Jug Band を聴いていた頃

ジム・クウェスキン関係のアルバムをレコ棚の奥から引っぱり
出してきました。最初に買ったのが彼個人名義の『Relax Your
Mind』確か二十歳の頃、先輩に薦められて聴いてみたのです。
当時オイラはとにかくラヴィン・スプーンフルが大好きで、彼
らの曲「Jug Band Music」のお陰もあってかJugという言葉が
妙に気になっていたのでした。

その後、お勉強のために『RCA・ブルースの古典』(LP3枚組
だった)をやっとの思いで買い、メンフィス・ジャグ・バンド
やガス・キャノンズ・ジャグ・ストンパーズなど”本家”に辿り
着いたのだが、60年代初期のグリニッチ・ヴィレッジやケンブ
リッジの自由闊達な雰囲気を伝えるクウェスキンたちには、や
はり格別な感情を抱いてしまう。

意外と楽しいのは、彼らのベスト盤というか編集アルバム。
オリジナルLPを一通り押さえたあと、ベスト盤でどういう曲が
採用されたのか(あるいは採用されなかったのか)に思いを馳
せるのも楽しいよね!

e0199046_14465133.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-02-26 14:48 | one day i walk | Comments(0)  

<< イベントのお知らせです やはりフラッシュは最高のレコー... >>