ぼく一人が幸せでも、それは幸せとは呼べない。

いつだったか弦ちゃん(木下弦二)が震災後のステージで
言っていたことが忘れられない。彼は公民権運動のルポル
タージュ番組から、こう引いたのだった。

「ぼく一人が幸せでも、それは幸せとは呼べない」と。


今晩の音楽は『自由組曲』(Freedom Suite)。ラスカルズ
が1969年に発表したアルバムだ。当時フェリックス・キャ
ヴァリエはこんな発言をしている。

「ぼくたちの音楽はブラック・ピープルの恩恵に授かって
いる。だから黒人の聴衆を閉め出すような会場では、もう
二度と演奏しない。絶対にするもんか」

e0199046_4223332.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-06-02 04:28 | rock'n roll | Comments(0)  

<< 懐かしい故郷のように、帰るべき... 蒼い空、次第に晴れ渡っていく気持ち >>