大吟醸・出羽ノ雪を頂きつつ

嬉しいことに山形の友人からお酒が届きました。
鶴岡市で発酵された名酒「大吟醸・出羽ノ雪」。
まるで極上のトロの如く舌に広がっていく品のある味は、
普段ワンカップ大関などをやっている自分にはもったいない
くらいの芳香です(笑)。

原稿のことはひとまず忘れて、今晩はこれからちびちびと飲
みつつ、日本対オーストラリアのアジア最終予選を観ること
にします。

そうそう、原稿の進捗状況を心配されたのか? オレンジの
愛すべき谷口さんが今日わざわざ電話をくださいました。

e0199046_19235483.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-06-04 19:26 | one day i walk | Comments(0)  

<< イングィ兄弟がアラバマ州に赴く 思慮深い詩人と剥き出しのギター... >>