カーレン嬢経由でクリーデンスを

21世紀の最初の10年が過ぎてから、まさかこのアルバムを
引っ張り出すとは思わなかった。それがクリーデンスの『P
endulum』。彼らにとっては6作目となる70年の作品だ。

西田くんが指摘してくれたようにカーレン嬢がここに収録さ
れた「Born To Move」を『Blue Nun』アルバムで取り上げ
たのだった。すっかり忘れていただけにまさに「ニシダクン
アリガトウゴザイマス」。

それにしてもクリーデンスの歴史のなかでも評価が低いアル
バムからこの曲に着目したカーレン&ニック夫妻の目利きは
さすが!クリーデンスらしい粘り腰のミディアム・ナンバー
でありリフをじわじわ重ねていくのだが、ホーンズと追いか
けっこをしている辺りが新味だろうか。後半からはハモンド
・オルガンのソロも始まり、DJ諸氏には”抜きネタ”となるか
も。

『Pendulum』のなかで最も有名なのは言わずと知れた「雨
を見たかい」(Have You Ever Seen The Rain)だろう。同
曲は71年の2月6日に全米チャートの8位に。雨というメタ
ファーを使ったこの歌はヴェトナム・ウォーに向けたフォガ
ティの声明でもあったはず。

他には「Hey Tonight」もいい曲だ。こちらはシングル・カ
ットこそされなかったが、彼ららしいキャッチーなロッカー
である。ちなみにヘイ・トゥナイトという名前を使った日本
のイカしたグループが存在することを最後に報告しておきた
い。

e0199046_2348541.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-06-09 23:50 | rock'n roll | Comments(0)  

<< 6月10日は久し振りに御茶の水へ テリーとピーターの「対話」から >>