雨の恵みのような音楽、ホットショッツ。

ホットショッツの新作『Sample My Kissin'』が素晴らしい。
児玉千枝率いるこのグループのキャリアも長くなり、幾度か
のメンバー・チェンジをしてきたけれども、瑞々しい歌心は
少しも変わっていない。生楽器の響きを活かしたスウィンギ
ーな演奏とキュートなヴォーカル。彼女の創意溢れるオリジ
ナルを始め、アール・スクラッグスのブルーグラスからホー
ギー・カーマイケルのオールド・ジャズに至る幾多のカヴァ
ーまで楽曲はさまざまな彩りを見せるが、そのどれもがまる
で今朝生まれたばかりの歌のようにフレッシュに届く。とき
に舌足らずなChieの歌もかえって魅力的だ。

今回の作品はまたファンから資金を募り、制作費に当てると
いう新しい試みの賜物でもある。多くの才気あるインディペ
ンドなミュージシャンたちが必ずぶつかる壁。それをちょっ
と見方を変えながら考えてみたこうした方法論は、同じよう
な境遇の仲間たちにきっと勇気を与えることだろう。

まるで雨の恵みのような「Nobody Knows」に耳を澄ませて
いると、大袈裟ではない歌のありかたのようなものを考えさ
せられる。そっと寄り添い小躍りしていく楽器たちを聞いて
いくと、ぼくもいつしか夕方の散歩へと出掛けたくなる。終
わらない雨はない。雲の切れ目から、どこかの街角から、ホ
ットショッツの何気ない音楽が聞こえてきた。

e0199046_1375186.jpg

[PR]

by obinborn | 2013-08-12 01:40 | one day i walk | Comments(0)  

<< Songs For Begin... 自由な世界でロックしようぜ! >>